気動車(読み)きどうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気動車
きどうしゃ

蒸気,ガソリンディーゼルなどの機関を車体に装備し,自力で走行できる鉄道車両。非電化区間で,単車運転ができることを利用して,通勤用,近距離用として使われてきたが,液体変速機 (トルクコンバータ ) を用いて多数の車両についての総括制御ができるようになってからは,通常の車両編成も可能となり,長距離用として特急,急行などにも使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きどうしゃ【気動車 railway motor car】

旅客あるいは荷物を積んで自走できる鉄道車両のうち電車を除いたものの総称で,広くはこれらと連結して走行する動力装置をもたない制御車および付随車も含める。原動機に蒸気機関を用いる蒸気動車,ガソリンエンジンを用いるガソリン動車,ガソリンエンジンを用いるが燃料には木炭ガスなどを利用するガス動車,ディーゼルエンジンを用いるディーゼル動車(ディーゼルカー)およびガスタービンを用いるガスタービン動車があり,このうち蒸気動車以外を内燃動車と総称することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きどうしゃ【気動車】

内燃機関などを動力とする鉄道車両。ディーゼルカー・ガソリンカーなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きどう‐しゃ【気動車】

〘名〙 旅客、貨物をのせ、ガソリン機関またはディーゼル機関を動力として自力走行する鉄道車両。その機関により、ガソリン動車、ディーゼル動車などの別がある。
幸木(1948)〈半田良平〉昭和一四年「舟の上に音つたはらずなりながら気動車は湖(うみ)に沿ひて走れる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の気動車の言及

【ディーゼルカー】より

…ディーゼル動車ともいう。鉄道車両の一種で,気動車のうち動力としてディーゼルエンジンを搭載し自走できる旅客車や荷物車をいい,広くはこれらと連結して使用されるディーゼルエンジンを搭載しない車両も含める。日本では気動車のほとんどがディーゼルカーなので,気動車がディーゼルカーの代名詞として用いられる場合が多い。…

※「気動車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

気動車の関連情報