コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガマ科 ガマかTyphaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガマ科
ガマか
Typhaceae

単子葉植物タコノキ目の1科。新旧両大陸の熱帯から温帯の水湿地に生じ,1属 (ガマ属 Typha) 約 10種がある。多年草で,地下の泥中に太い根茎をもち,茎の上半部は水面上に高く出る。葉は線形で茎よりも長く,基部は鞘となって茎を抱く。花茎は株の中央から直立し,無数の微小な花が密に集って太い円柱状の花序 (いわゆる蒲の穂) をつくる。花茎の上部につく穂は雄花群で通常は淡色,下半部に集るのは雌花群で濃褐色または緑褐色。花被はなく,雄花には2~5本のおしべ,雌花には1個のめしべがある。果実紡錘形痩果となり,上端に長い毛があってタンポポの実のように風で飛ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガマ科
がまか
[学]Typhaceae

単子葉植物。大形の湿生多年草。太い根茎があり、根茎はデンプンに富む。葉は互生し、葉身と葉鞘(ようしょう)からなり、ほとんど根生する。花は風媒、単性で雌雄同株につき、無数に集合して円柱状の花穂(ガマの穂)をつくる。花穂の上部は雄花部、下部は雌花部である。雄花には1~3(~8)本の雄しべと0~数本の剛毛状の花被片(かひへん)、雌花には1心皮性の1本の雌しべと多数の剛毛状の花被片がある。葯(やく)および柱頭はそれぞれ互いに密接して、花穂の表面を形成する。1属約10種があり、日本には3種が自生しており、雑種もみられる。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例