ガラクトシダーゼ

  • galactosidase

栄養・生化学辞典の解説

 ガラクトースどうしもしくはガラクトースと他の糖とのグリコシド結合加水分解する酵素.広く生物界に存在する.加水分解する,ガラクトースの1の位置のヒドロキシル基の配置によって,α-ガラクトシダーゼ[EC3.2.1.22](α-D-galactoside galactohydrolase, melibiase) とβ-ガラクトシダーゼ[EC3.2.1.23](β-D-galactoside galactohydrolase, lactase)がある.乳糖分解酵素もβ-ガラクトシダーゼの一種.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

アリール-およびアルキル-D-ガラクトシドを加水分解して,ガラクトースを生じる酵素.また,加水分解とともにガラクトース残基をほかの糖,アルコール,およびフェノールへ転移するトランスガラクトシダーゼ作用も有する.本酵素にはα-ガラクトシダーゼとβ-ガラクトシダーゼがある.【】α-ガラクトシダーゼ(EC 3.2.1.22)はメリビアーゼ,ラフィナーゼともよばれ,α-ガラクトシドのほかにメリビオース,ラフィノース,そのほかのオリゴ糖にも作用する.【】β-ガラクトシダーゼ(EC 3.2.1.23)はラクターゼともよばれ,β-D-ガラクトシドのほかにラクトースにも作用する.両酵素とも細菌,酵母,糸状菌,高等植物(種子)および動物に広く存在する.β-酵素は大腸菌から結晶として得られている.同菌におけるβ-酵素の適応的生合成に関して,遺伝学上重要なオペロン説がF. JacobおよびJ.L. Monod(モノー)(1961年)によって提唱され,多くの研究が行われた.[CAS 9001-34-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android