コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラス玉演戯 ガラスだまえんぎ Das Glasperlenspiel

3件 の用語解説(ガラス玉演戯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラス玉演戯
ガラスだまえんぎ
Das Glasperlenspiel

ドイツの作家 H.ヘッセの小説。 1931~42年執筆,43年スイスで刊行。この作品は「ガラス玉演戯」を歴史的に紹介する序章,演戯の名人であるヨーゼフ・クネヒトの伝記,クネヒトの遺作の3つの部分から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガラスだまえんぎ【ガラス玉演戯】

《原題、〈ドイツDas Glasperlenspielヘッセの近未来小説。1931年から1942年にかけて執筆され、1943年に刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラス玉演戯
がらすだまえんぎ
Das Glasperlenspiel

ドイツの作家ヘルマン・ヘッセ長編小説。未来の夢想社会を描く教養小説で、第二次世界大戦中の1943年にスイスで刊行された。「ガラス玉演戯」とは、本来、数十本の針金を張った枠の中にガラス玉を並べたもので、作者の幻想の産物。この小説では、時間と空間を超えてあらゆる精神的、霊的価値の総合を試みる。『演戯名人ヨーゼフ・クネヒトの伝記の試み』の副題をもち、精神的「ユートピア」カスターリエンで最高のエリート教育を受けた主人公は、全精力を「演戯」に注いで名人となる。彼は、さらに新しい血の導入による活性化を目ざし、カスターリエンを去って俗界に入り、旧友の息子の教育を始めた直後、この少年への愛の殉難者として水死する。作品には、作者の精神擁護の情熱が貫かれ、版を重ねて数々の問題を提起した。[藤井啓行]
『高橋健二訳『ヘッセ全集9 ガラス玉演戯』(1982・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガラス玉演戯の関連キーワード車輪の下西ドイツヒルデスハイマーヘッセ統一ドイツヘッセントーマス・マンドイツの小さな町4つの最後の歌ヘッセの定理

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガラス玉演戯の関連情報