コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガントナー ガントナー Gantner, Joseph

2件 の用語解説(ガントナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガントナー
ガントナー
Gantner, Joseph

[生]1896.9.11. アールガウ
[没]1988
ベルフリンのあとをうけたドイツバーゼル学派の美術史家。美術作品の生成の問題に関する独自の研究によって,一つの作品の形成は最終的な形象 (フィグラチオン) に到達する以前に,先形象 (プレフィグラチオン) の多種多様な中間段階を含む一つの過程であるとする理論を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガントナー
がんとなー
Joseph Gantner
(1896―1988)

スイスの美術史学者。バーゼル大学教授、国際美学会会長などを歴任。ウェルフリンの高弟として知られる。美術史研究の方法論的概念として「プレフィグラツィオーン」を提唱。それは芸術的創造のプロセスにおける、形象(フィグール)に至るいっさいの予備的形式、前段階を意味し、これが様式の根源にかかわるとする考え方で、ここでは「未完成(ノン・フィニート)」の作品が重要視される。著書に『人間像の運命』(1958)、『ロダンミケランジェロ』(1953)、『レンブラント』(1964)などがある。[鹿島 享]
『ガントナー著・中村二柄訳『レンブラント』(1980・岩崎美術社) ▽ガントナー著・中村二柄訳『心のイメージ』(1988・玉川大学出版部) ▽ガントナー著・藤田赤二・新井慎一訳『レオナルドの幻想(ヴィジョン)』(1992・美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガントナーの関連キーワードロアール川アールブリュットレアールCafeルノアールガウチート喫茶室ルノアールソアーメモアールロアール館ガウアー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone