コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンブラー ガンブラー Gumblar

3件 の用語解説(ガンブラーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガンブラー(Gumblar)

コンピューターネットワークを通じてパソコンなどに被害を与える攻撃手法の一。改竄(かいざん)された企業などのウェブサイトを閲覧すると、そこから他の有害サイト自動的に誘導し、利用者のパソコンにさまざまなマルウエアダウンロードする。マルウエアに感染すると、ネットワークを監視されたり、FTPサーバーのパスワードを盗まれたり、バックドア不正アクセスのための侵入口)を作られたりする。ジェノウイルスJSリダイレクトR。→ドライブバイダウンロード
[補説]2009年半ばより被害が拡大。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ガンブラー

 2009年春ごろから日本で猛威を振るったコンピュータウイルスの攻撃手法の名前です。特定のコンピュータ・ウイルスの名前ではありません。 コンピュータ・ウイルスを配布するよう改ざんされた、企業などのウェブサイトを表示したパソコンが感染します。感染したパソコンがウェブサイトの管理に利用されている場合、ウイルスが書き換えに必要なパスワードなどを盗んでそのサイトを改ざんしてしまい、新たにウイルスの配布に利用しようとします。大手企業のウェブサイトなども改ざんされたことから被害が広がりました。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガンブラー
がんぶらー
Gumblar

インターネットのウェブサイトの改竄(かいざん)を行い、ターゲットサイト上にウェブ感染型ウイルスを埋め込むなどして、サイト閲覧者のパソコンにウイルスを感染させようとする一連の攻撃手法。OS(オペレーティングシステム)やアプリケーションの脆弱性(ぜいじゃくせい)を突いた攻撃(ドライブ・バイ・ダウンロード)の代表的なものとされる。2009年ごろから世界中で猛威をふるった。
 攻撃者はスパイウェアなどを使って盗み出したIDとパスワードでサイト内の管理用領域に侵入し、ウェブページを改竄して複数のウイルスを配置する。これらのウイルスは、第三者が閲覧しただけで感染するタイプのものが多い。また、他の不正ウイルス配信サイトへ自動的に移動させる命令をページに埋め込む場合もある。単なるサイトの破壊行為と違い、一見しただけではわからないことが多い。そのため対策がむずかしいケースも多く、危険度も大きい。ただし、OSやブラウザの更新とウイルス対策ソフトの導入で防ぐことは可能である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガンブラーの関連キーワード威を振るう尾を振る舌を振る舌を振るう尻尾を振る役を振る梟帥涙を振るう振るう振るった

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone