キタキツネ

世界大百科事典 第2版の解説

キタキツネ【Vulpes vulpes schrencki】

食肉目イヌ科の哺乳類。キツネV.vulpesのうち北海道,南千島,サハリンなどにすむ亜種。本州,四国,九州にすむホンドギツネに比べてキタキツネは,やや体が大きく,体長約77cm,尾長約42cm。白色の差毛(さしげ)が少なくて,全体に体色は黄色みが強く,前・後肢の全面にある黒の斑紋は大きく目だつなどの特徴がある。平地から高山帯まで広い範囲にすむが,主要な獲物であるエゾヤチネズミが多く狩りもしやすい草原に多く見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタキツネ
きたきつね / 北狐
Sachalin red fox
[学]Vulpes vulpes schrencki

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。樺太(からふと)(サハリン)、北海道、南千島に分布するキツネの亜種。頭胴長62~78センチメートル、尾長38~44センチメートル、後足長16~18センチメートル、耳介長8~9センチメートル。本土のホンドギツネに似るが、後ろ足と耳介が大きく、毛色が鮮やかな橙褐色(とうかっしょく)で白い差し毛が少なく、前後足の前面が黒い。[今泉吉典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキタキツネの言及

【キツネ(狐)】より

… ヨーロッパ,アジア,北アメリカに広く分布し,オーストラリアには移入された帰化動物として生息する。多くの亜種が区別され,日本には北海道にキタキツネ(体長約77cm,尾長約42cm),本州,四国,九州にホンドギツネ(体長約70cm,尾長約37cm)が生息する。体色は生息地や個体,季節などによってさまざまであるが,日本のものは赤褐色ないし黄褐色で,赤型の色相と呼ばれる。…

※「キタキツネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キタキツネの関連情報