コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツリフネ キツリフネ

3件 の用語解説(キツリフネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キツリフネ
キツリフネ

「ツリフネソウ (釣船草)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キツリフネ

ツリフネソウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツリフネ
きつりふね / 黄釣船
[学]Impatiens nolitangere L.

ツリフネソウ科の一年草。全草が緑白色で軟らかく毛はない。茎は高さ30~80センチメートルでよく分枝し多汁質。葉は有柄で互生し長楕円(ちょうだえん)形、長さ4~12センチメートル、粗く鈍い鋸歯(きょし)がある。5~7月、葉腋(ようえき)に細い花柄を出し、3~5個の花がつり下がってつく。花は左右相称、淡黄色で径2センチメートル、内面に赤褐色の斑点(はんてん)があり、白色花もある。ツリフネソウに似るが距(きょ)は下向きに緩く曲がる。(さくか)は狭長形で両端はとがり、熟すと果皮が反転して種子を飛ばす。山野の水辺や湿地に群生し、北海道から九州およびユーラシア、北アメリカ西部に広く分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキツリフネの言及

【ツリフネソウ(釣舟草)】より

…おしべは5本,葯は合生して柱頭をおおい,めしべは1本,5心皮性,子房は上位,5室,成熟すると5片に割れる。 ツリフネソウに似るが,花序が葉よりつき出さず,花は葉下に隠れるハガクレツリフネI.hypophylla Makinoは本州中部以西に,また草丈がやや高く,花は黄色のキツリフネI.nolitangere L.(英名touch‐me‐not)は北半球温帯に広く分布し,日本各地にある。 ツリフネソウ属Impatiens(英名touch‐me‐not,balsam,jewelweed)はアジア,アフリカの熱帯を中心に500種ほどあり,種子の形,実生の形態,子房の構造,染色体数など,きわめて多彩な変化がみられる。…

※「キツリフネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キツリフネの関連キーワード入船町黄釣船釣鐘草釣船草釣船入舟町ツリフネソウ(釣舟草)ツリガネソウツリフネソウ属ハガクレツリフネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone