コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナバル公園 キナバルコウエン

デジタル大辞泉の解説

キナバル‐こうえん〔‐コウヱン〕【キナバル公園】

Taman Kinabalu》マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州にある国立公園。キナバル山を中心に、熱帯雨林から高山帯まで多様な植生を有し、ラフレシアウツボカズラなどの固有な植物が見られる。また、オランウータンテングザル、オオサイチョウをはじめ、希少な動物や鳥類が生息する。2000年に世界遺産(自然遺産)に登録された。キナバル自然公園。キナバル国立公園。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

キナバルこうえん【キナバル公園】

マレーシアのボルネオ島の同国領北端(サバ州)にある、東南アジア最高峰のキナバル山(標高4095m)を含む3つの山の山域を中心とした国立の自然公園。公園内のジャングルには、世界最大の花ラフレシア、食虫植物のウツボカズラをはじめ、珍しい動植物が生息、分布している。2000年に、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

キナバル公園の関連キーワードコタキナバルポーリン温泉マレーシア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android