コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靫葛 ウツボカズラ

2件 の用語解説(靫葛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うつぼ‐かずら〔‐かづら〕【×葛】

ウツボカズラ科の食虫植物。蔓性(つるせい)の多年草。葉は長さ10~15センチで、裏面に褐色の毛があり、先が円筒形の袋となっていて虫を捕らえる。雌雄異株。枝の先に黒紫色の花を総状に密生する。同科には約80種あり、中国・インドシナマレーシアからオーストラリアにかけて分布。日本では温室で栽培。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うつぼかずら【靫葛】

ウツボカズラ科の常緑つる性食虫植物。長さ1、2メートル。南アジア原産。観賞用に温室栽培される。葉は互生し薄い革質。中央脈は長く伸びて巻きつく。葉の上端は筒状の捕虫囊のうともなり虫を捕食する。ネペンテス。漢名、猪籠草。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

靫葛の関連キーワード食虫植物黄金葛真葛忍冬蔓性定家葛凌霄花捕虫葉アメリカ凌霄花ウツボカズラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone