靫葛(読み)ウツボカズラ

デジタル大辞泉の解説

うつぼ‐かずら〔‐かづら〕【×葛】

ウツボカズラ科の食虫植物蔓性(つるせい)の多年草。葉は長さ10~15センチで、裏面褐色の毛があり、先が円筒形の袋となっていて虫を捕らえる。雌雄異株。枝の先に黒紫色の花を総状に密生する。同科には約80種あり、中国・インドシナ・マレーシアからオーストラリアにかけて分布。日本では温室で栽培。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつぼかずら【靫葛】

ウツボカズラ科の常緑つる性食虫植物。長さ1、2メートル。南アジア原産。観賞用に温室栽培される。葉は互生し薄い革質。中央脈は長く伸びて巻きつく。葉の上端は筒状の捕虫囊のうともなり虫を捕食する。ネペンテス。漢名、猪籠草。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

靫葛 (ウツボカズラ)

学名:Nepenthes rafflesiana
植物。ウツボカズラ科の常緑つる植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android