キバナシャクナゲ(黄花石南花)(読み)キバナシャクナゲ(英語表記)Rhododendron aureum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キバナシャクナゲ(黄花石南花)
キバナシャクナゲ
Rhododendron aureum

ツツジ科の高山性の常緑低木。茎は立上がらず横にはう。葉は倒卵状長楕円形で鋸歯切れ込みがなく,質が厚くて毛はない。7月頃,枝端に美しい黄色の花を数個つける。漏斗状の花冠おしべ 10本,めしべ1本があり,花後長楕円形の 蒴果を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android