コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバナシャクナゲ(黄花石南花) キバナシャクナゲRhododendron aureum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キバナシャクナゲ(黄花石南花)
キバナシャクナゲ
Rhododendron aureum

ツツジ科の高山性の常緑低木。茎は立上がらず横にはう。葉は倒卵状長楕円形で鋸歯切れ込みがなく,質が厚くて毛はない。7月頃,枝端に美しい黄色の花を数個つける。漏斗状の花冠おしべ 10本,めしべ1本があり,花後長楕円形の 蒴果を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キバナシャクナゲ(黄花石南花)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android