キャナン(英語表記)Cannan, Edwin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャナン
Cannan, Edwin

[生]1861.2.3. マデイラ
[没]1935.4.8. ボーンマス
イギリスの経済学者。オックスフォード大学に学び,1897年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの経済学講師,1907年同教授,26年に引退。彼の経済理論への貢献は貨幣理論,人口統計学など多岐にわたるが,基本的には古典派的で,当時の正統であるマーシャルには批判的であった。主著『生産と分配に関する学説史』 History of the Theories of Production and Distribution1776-1848 (1893) ,『イギリスにおける地方税の歴史』 History of Local Rates in England (1912) 。その他『国富論』の綿密な校訂版 (キャナン版,1904) の公刊でも著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャナン
きゃなん
Edwin Cannan
(1861―1935)

イギリスの経済学者。オックスフォード大学を卒業後、1897年ロンドン大学の講師となり、1907~27年同大学の教授を務めた。彼はスミス経済学の正統を継ぐ学風で、特筆すべきはスミス『国富論』を綿密に校訂した、いわゆるキャナン版の刊行(1904)と、古典学派の諸文献を丹念に整理分析した『1776~1848年のイギリス政治経済学における生産・分配論史』(1893)である。このほか、貨幣論や人口統計論の面でも、古典学派的貢献が多い。[一杉哲也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

キャナン

生年月日:1861年2月3日
イギリスの経済学者
1935年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android