コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャペリン

百科事典マイペディアの解説

キャペリン

キュウリウオ科の魚。別名カラフトシシャモ。太平洋および大西洋の北部に分布。体型,大きさはシシャモによく似るが,うろこや歯が小さいことで識別できる。北ヨーロッパでは3〜4月,北米では6〜7月に産卵。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャペリン【capelin】

サケ目キュウリウオ科の海産魚(イラスト)。カラフトシシャモとも呼ばれる。太平洋および大西洋の北部に分布し,四つの系群があり,冷水系の回遊魚である。形態はシシャモによく似ているが,うろこが小さく数も多いこと,歯も小さいことで識別できる。3~4歳で成熟し,北ヨーロッパで3~4月,北アメリカで6~7月に産卵する。ふつう,産卵に際し接岸し,波打ちぎわに大群をなす。雄が雌に寄りそうようにして砂れきに付着卵を産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キャペリンの関連キーワードノールカップ[岬]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャペリンの関連情報