キャペリン

百科事典マイペディアの解説

キャペリン

キュウリウオ科の魚。別名カラフトシシャモ。太平洋および大西洋の北部に分布。体型,大きさはシシャモによく似るが,うろこや歯が小さいことで識別できる。北ヨーロッパでは3〜4月,北米では6〜7月に産卵。ノルウェーやカナダ,ロシアなどで大量に捕獲される。日本に冷凍シシャモとして輸入。スーパーや居酒屋等で安く売られているシシャモはたいてい,この種である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャペリン【capelin】

サケ目キュウリウオ科の海産魚(イラスト)。カラフトシシャモとも呼ばれる。太平洋および大西洋の北部に分布し,四つの系群があり,冷水系の回遊魚である。形態はシシャモによく似ているが,うろこが小さく数も多いこと,歯も小さいことで識別できる。3~4歳で成熟し,北ヨーロッパで3~4月,北アメリカで6~7月に産卵する。ふつう,産卵に際し接岸し,波打ちぎわに大群をなす。雄が雌に寄りそうようにして砂れきに付着卵を産む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android