コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュルチス キュルチス Curtis, Jean-Louis

2件 の用語解説(キュルチスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュルチス
キュルチス
Curtis, Jean-Louis

[生]1917.5.22. オルテス
[没]1995.11.11. パリ
フランスの小説家,批評家。各地のリセ (高等中学校) で英語教師をつとめるかたわら創作。処女作『青年』 Les Jeunes hommes (1946) ののち,レジスタンスに取材した『夜の森』 Les Forêts de la nuit (47) でゴンクール賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュルチス
きゅるちす
Jean-Louis Curtis
(1917―1995)

フランスの小説家。『若者たち』(1946)で世に出、占領下フランス人の生活を描いた『夜の森』(1947)でゴンクール賞を受賞。その続編『正義の立場』(1954)、『若い二人』(1967)などに、青春にかいまみた夢と希望が現実にまみれていくさまを見つめて、細やかに、またアイロニーを込めた文体で時代の証言というべき風俗画を描く。また『糸杉の木蔭(こかげ)のお茶』(1969)では、伝統的心理分析小説の冴(さ)えもみせる。晩年はシェークスピア劇の優れたフランス語訳台本を提供した。[小林 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュルチスの関連キーワードフラオルテスメンタルテストオルテガイガセーオルティージャ島オルティジア島ユニバーサルテスタールミノールテストオルティアDAKS オルティードメンタル・テスト

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone