コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュルチス Curtis, Jean-Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュルチス
Curtis, Jean-Louis

[生]1917.5.22. オルテス
[没]1995.11.11. パリ
フランスの小説家,批評家。各地のリセ (高等中学校) で英語教師をつとめるかたわら創作。処女作『青年』 Les Jeunes hommes (1946) ののち,レジスタンスに取材した『夜の森』 Les Forêts de la nuit (47) でゴンクール賞を受賞した。ほかに『正義の立場』 Les Justes Causes (54) ,『虚飾』 La Parade (60) ,評論『高等馬術』 Haute École (50) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュルチス
きゅるちす
Jean-Louis Curtis
(1917―1995)

フランスの小説家。『若者たち』(1946)で世に出、占領下フランス人の生活を描いた『夜の森』(1947)でゴンクール賞を受賞。その続編『正義の立場』(1954)、『若い二人』(1967)などに、青春にかいまみた夢と希望が現実にまみれていくさまを見つめて、細やかに、またアイロニーを込めた文体で時代の証言というべき風俗画を描く。また『糸杉の木蔭(こかげ)のお茶』(1969)では、伝統的心理分析小説の冴(さ)えもみせる。晩年はシェークスピア劇の優れたフランス語訳台本を提供した。[小林 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キュルチスの関連キーワード小林

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android