コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューポラのある街

3件 の用語解説(キューポラのある街の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

キューポラのある街

早船ちよによる児童文学作品。1961年刊行。1962年度の日本児童文学者協会賞受賞。同年、吉永小百合主演で映画化された。

キューポラのある街

1962年公開の日本映画。監督:浦山桐郎、原作:早船ちよ、脚色:今村昌平、浦山桐郎、撮影:姫田真佐久。出演:東野英治郎、吉永小百合、市川好郎、鈴木光子、森坂秀樹、浦山桐郎ほか。鋳物の街、埼玉県川口市を舞台に、鋳物職人の娘ジュンがさまざまな困難にめげずまっすぐに成長していくさまを描く青春映画。第13回ブルーリボン賞作品賞、主演女優賞(吉永小百合)、新人賞(浦山桐郎)受賞。第17回毎日映画コンクール男優助演賞(東野英治郎)受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キューポラのある街
きゅうぽらのあるまち

日本映画。1962年(昭和37)、浦山桐郎(うらやまきりお)監督。原作は早船ちよ。鋳物工場が集まる埼玉県川口市。中学生のジュン(吉永小百合(よしながさゆり)、1945― )の父は工場を解雇され、家族は貧窮に追い込まれる。ようやく父には望む職が決まり、一家の生活が楽になろうという時、ジュンは自立を目ざして働きながら定時制高校へ進学する道を選ぶ。大工場による自動化という時代の流れによって生ずる職人の一家の困窮が描かれながらも、本作をさわやかな味わいにしているのは、ジュンとその弟タカユキの生き生きとした姿、そしてこの姉弟と在日朝鮮人姉弟との友情である。浦山の監督デビュー作であり、主演の吉永小百合の代表作でもある。[石塚洋史]
『『世界の映画作家31 日本映画史』(1976・キネマ旬報社) ▽『映画史上ベスト200シリーズ 日本映画200』(1982・キネマ旬報社) ▽佐藤忠男著『日本映画史3、4』増補版(2006・岩波書店) ▽猪俣勝人・田山力哉著『日本映画作家全史 下』(社会思想社・現代教養文庫) ▽文芸春秋編『日本映画ベスト150――大アンケートによる』(文春文庫ビジュアル版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キューポラのある街の関連キーワード首の座浦山桐郎OUT119考える葉白い手スパイ・ゾルゲ青春の門 自立篇非行少女私は二歳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キューポラのある街の関連情報