コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早船ちよ はやふね ちよ

2件 の用語解説(早船ちよの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早船ちよ はやふね-ちよ

1914-2005 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正3年7月25日生まれ。東洋レーヨン,片倉製糸などにつとめ,昭和9年作家井野川潔(いのかわ-きよし)と結婚,ともに児童文化運動にかかわる。37年鋳物の街埼玉県川口を舞台にした青春小説「キューポラのある街」で日本児童文学者協会賞。ほかに小説「ちさ・女の歴史」。平成17年10月8日死去。91歳。岐阜県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早船ちよ
はやふねちよ
(1914―2005)

小説家、児童文学作家。岐阜県古川町(現飛騨(ひだ)市古川町)に生まれ、高山市で育つ。小学校を卒業して製糸工場などに働き、その間に文学に関心を抱き、1962年(昭和37)には埼玉県浦和市(現さいたま市)に夫の井野川潔(いのかわきよし)(1909―95、教育運動家)とともに児童文化の会を設立、進歩的な児童文化運動を推進する。作品は、映画化されて有名になった『キューポラのある街』(1961)をはじめ、自伝的な『峠』『湖』『街』『冷たい夏』『炎群の秋』『熱い冬』の六部作(1979)など、児童文学作品には『七ヒキノコガニ』(1941)、『ポンのヒッチハイク』(1962)、『春のシュトルム』(1974)などがある。社会批判の眼(め)と人間信頼の心に裏打ちされた作品が多い。その後、75歳まで小説、随筆、童話と幅広い執筆を続けた。故郷の岐阜県飛騨市古川町三之町に記念館「早船ちよ館」(1997開館)がある。[上笙一郎]
『『いさごむしのよっ子ちゃん』(1974・新日本出版社) ▽『わたしの飛騨』(1975・けやき書房) ▽『あすも夕やけ』(1976・新日本出版社) ▽『あすへ羽ばたく』(1977・講談社) ▽『チューリップばたけの花アブの子』(1977・PHP研究所) ▽『子ども発見 さあ、手をつないで』(1978・文化出版局) ▽『ちさ・女の歴史 第1部 峠』『ちさ・女の歴史 第2部 湖』『ちさ・女の歴史 第3部 街』『ちさ・女の歴史 第4部 冷たい夏』『ちさ・女の歴史 第5部 炎群の秋』『ちさ・女の歴史 第6部 熱い冬』(1979・理論社) ▽『緑のオーケストラと少女』(1979・小学館) ▽『いっぱいのひまわり アジアの心――平和・労働・愛』(1980・新日本出版社) ▽『いのち生まれるとき』(1982・理論社) ▽『「あの子」はだあれ』(1982・新日本出版社) ▽『サロルン・リムセ 失われたふるさと』(1983・童心社) ▽『円空』(1983・草土文化) ▽『原爆児童文学集8 虹』(1985・汐文社) ▽『童話と絵本のせかい なにを、どう書くか』(1985・講談社) ▽『おとなの童話』(1987・本阿弥書店) ▽『冬ごもりのなかまたち』(1989・岩崎書店) ▽『タロウとユリのまきば』(1989・けやき書房) ▽『キューポラのある街』全6巻(1991・けやき書房) ▽『花ぐるまの井戸』(1997・国土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早船ちよの関連キーワード荒川幾男金子みつ辻隆辻広縄田一男林基福田甲子雄山下和夫河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone