コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦山 うらやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦山
うらやま

埼玉県西部,秩父市の南東部,奥多摩に接する地区。地名武甲山裏山の意味。浦山川沿いに 15の集落が散在し,おもに林業が行なわれる。 1996年浦山川上流に浦山ダムが完成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うら‐やま【浦山】

浦と山。海山。
「なほ立ち重ね行く道の、―かけてはるばると」〈謡・鵜羽〉
海に沿った山。海辺の山。
「かかる―へ馬の背ばかりにて荷物をとらば」〈浮・永代蔵・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらやま【浦山】

海辺と山。 「遠き住吉すみのえ高砂の、-国を隔てて住むと/謡曲・高砂」
海辺の山。 「かかる-へ馬の背ばかりにて荷物をとらば/浮世草子・永代蔵 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の浦山の言及

【宇奈月[町]】より

…1954年,東山・愛本・内山の3村が合体,町制。扇頂部東岸の明日(あけび)は稚児舞で知られる法福寺の門前町として開け,西岸の浦山は江戸時代に北陸道の宿駅であった。大正末の日本電力の起工以後急激に発展した町で,愛本より上流の黒部峡谷内に黒部川第4発電所など10発電所(関西電力),下流に6発電所(北陸電力ほか)があり総出力約90万kW(1997)に達し日本屈指の水力電源の町である。…

※「浦山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浦山の関連キーワード鹿児島県志布志市志布志町田之浦秩父市立浦山歴史民俗資料館荒川(埼玉県、旧村名)にっかつ(日活)[株]埼玉県秩父市荒川久那福岡県久留米市上津町山村友右衛門(初代)インサイド・ヘッド秋田県にかほ市金浦キューポラのある街モスクワ国際映画祭青春の門 自立篇武甲県立自然公園姫田 真左久采女氏塋域碑宇奈月[町]江守 清樹郎12月14日神保政之助坂東篤之輔

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦山の関連情報