浦山(読み)うらやま

デジタル大辞泉の解説

うら‐やま【浦山】

浦と山。海山。
「なほ立ち重ね行く道の、―かけてはるばると」〈謡・鵜羽〉
海に沿った山。海辺の山。
「かかる―へ馬の背ばかりにて荷物をとらば」〈浮・永代蔵・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらやま【浦山】

海辺と山。 「遠き住吉すみのえ高砂の、-国を隔てて住むと/謡曲・高砂」
海辺の山。 「かかる-へ馬の背ばかりにて荷物をとらば/浮世草子・永代蔵 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うら‐やま【浦山】

〘名〙
① 海べと山。海山
※謡曲・高砂(1430頃)「夫婦一所にありながら〈略〉浦山(うらやま)国を隔てて住むといふはいかなることやらん」
② 海べにある山。また、海べに迫っている山地。
御伽草子・はもち中将(近古小説新纂所収)(室町末)下「うらやまの御たかがり御くたびれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の浦山の言及

【宇奈月[町]】より

…1954年,東山・愛本・内山の3村が合体,町制。扇頂部東岸の明日(あけび)は稚児舞で知られる法福寺の門前町として開け,西岸の浦山は江戸時代に北陸道の宿駅であった。大正末の日本電力の起工以後急激に発展した町で,愛本より上流の黒部峡谷内に黒部川第4発電所など10発電所(関西電力),下流に6発電所(北陸電力ほか)があり総出力約90万kW(1997)に達し日本屈指の水力電源の町である。…

※「浦山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浦山の関連情報