コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルギス山脈 キルギスさんみゃくKirgizsky khrebet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルギス山脈
キルギスさんみゃく
Kirgizsky khrebet

キルギス北部にある山脈。一部分はカザフスタンとの境界をなす。全長 375km。最高点は東部の西アラメジン峰の 4875m。ジャンブールの東に始まり,広いムユンクム砂漠の南を限って東に延び,チュー川の縦谷に終わる。構造上はさらに東のクンゲイアラタウ山脈に続く。標高 2500mまではステップ性の植生とモミなどの森林,それ以上は高山性の草原に変わる。高峰には氷河がある。ビシケク,ジャンブールなどの都市は,この山脈から流下する河川の扇状地に発達したオアシスの町である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キルギス山脈
きるぎすさんみゃく
Киргизский Хребет Kirgizskiy Hrebet 

カザフスタン共和国とキルギス共和国との境界をなして東西に横たわる山脈。カザフスタン共和国ジャンブル市から不凍湖イシク・クリ湖を抱くイシク・クリ盆地に至る。長さ375キロメートル。最高峰は標高4855メートルの西アラメジン峰。山脈北麓(ほくろく)からは多数の河川が流れ出し、多くの扇状地を形成し、合流してチュー川となる。標高2500メートルまでの山麓部はステップ(短草草原)または森林で、それ以上3700メートルまでは亜高山性または高山性の草原をなす。それ以上の山頂部は万年雪と氷河に覆われ、その面積は223平方キロメートルに及ぶ。山脈の北麓にはキルギス共和国の首都ビシュケクなどの都市がある。[村田 護]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キルギス山脈の関連キーワードビシュケクタラス村田

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android