キングストン会議(読み)キングストンかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キングストン会議
キングストンかいぎ

1976年1月キングストン (ジャマイカ) において開催された第5回国際通貨基金 IMF暫定委員会を中心とする一連の国際会議のこと。 1971年8月のいわゆるニクソン・ショックによるブレトンウッズ体制の崩壊後に始った国際通貨制度改革作業に一応の区切りをつけた会議である。この会議での合意を受けて,金の代りに SDRを中心的な準備通貨とする IMF協定第2次改正が 78年4月から発効した。この国際通貨制度をキングストン体制という。 (→スミソニアン合意 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android