国際通貨制度(読み)こくさいつうかせいど(英語表記)international monetary system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際通貨制度
こくさいつうかせいど
international monetary system

国際経済の通貨面,具体的には外国為替の取引,国際収支の調整など通貨に関する制度の総称。 19世紀後半から第1次世界大戦までの国際通貨制度は金本位制度であり,その後金為替本位制度に移行。第2次世界大戦後は国際通貨基金 IMF体制による米ドル基軸通貨とする固定為替相場制度が続いたが,1971年の米ドルの金交換停止後は変動為替相場制度となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいつうかせいど【国際通貨制度 international monetary system】

国際通貨制度というとき,多くの人はその代表的なものとして国際金本位制度をあげる。それは現在の国際通貨制度の源流を求めていくとき国際金本位制に到達するからである。1944年7月アメリカのブレトン・ウッズに44ヵ国の代表が集まり,第2次大戦後の国際通貨制度の確立をめざして,いわゆるブレトン・ウッズ協定(ブレトン・ウッズ体制)に調印したが,その協定が示す国際通貨制度は金本位制の一種である金為替本位制であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android