コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キースラーガー(英語表記)〈ドイツ〉Kieslager

百科事典マイペディアの解説

キースラーガー

層状含銅硫化鉄鉱床,別子式鉱床とも。重要な銅資源の一つ。黄鉄鉱・磁硫鉄鉱を主体とし,常にいくらかの黄銅鉱を含有する緻密(ちみつ)で塊状の鉱石からなり,岩層中に整合的に存在する層状ないしレンズ状の鉱床。相当量のセン亜鉛鉱あるいは方鉛鉱を伴うものもある。多くは変成帯に分布。成因は,海底火山作用に伴って形成された鉱層が,変成作用を受けたものであると考えられる。ドイツのランメルスベルク鉱山,ノルウェーのスリテルマ鉱山などが著名。日本では愛媛県別子鉱山・佐々連(さざれ)鉱山,高知県白滝鉱山,茨城県日立鉱山などが好例だったが,現在は稼行されていない。
→関連項目鉱床鉱層変成鉱床

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キースラーガー【kieslager】

玄武岩質火山岩類に伴い,層状をなして産する含銅硫化鉄鉱床。層状含銅硫化鉄鉱床または別子型鉱床ともいう。普通1~2%の銅を含み,亜鉛も数%に達することがある。硫化鉄資源としても重要。キプロス型銅鉱床と類似する点が多いが,本鉱床を伴う玄武岩類は泥岩や砂岩と互層し,広域変成作用を受けていることが多い。日本では三波川(さんばがわ)変成帯中に多くの例が知られており,かつては日本の主要な銅の供給源であったが,現在稼行されている鉱山はない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android