コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変成鉱床 へんせいこうしょうmetamorphic deposit; metamorphosed deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変成鉱床
へんせいこうしょう
metamorphic deposit; metamorphosed deposit

変成岩中に生成した鉱床。一般には広域変成作用により生成した鉱床をいうが,ときに変成作用前にすでに生成していた鉱床が変成されたものも含まれる。例としては,三波川変成帯にある別子銅山層状含銅硫化鉄鉱鉱床があげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

変成鉱床【へんせいこうしょう】

鉱床を成因によって3大別した場合の一つで,火成鉱床堆積鉱床に対置される一群の鉱床。変成作用によって新たに形成された鉱床および変成作用を受けて変化した鉱床の総称。
→関連項目鉱床

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんせいこうしょう【変成鉱床 metamorphic deposit】

鉱床を成因上で三大別したうちの一つ。変成作用により特定の元素や鉱物が濃集して形成される鉱床や,既存の鉱床が変成作用によって性質を大きく変えたものを指す。しかし,最近では変成作用は大規模な物質の移動を伴わない作用として定義される傾向にあり,変成作用そのものが元素や鉱物の濃集に主要な役割を果たすことは,まれであると考えられている。窯業原料となるケイ灰石の鉱床などがその例である。変成作用により既存の鉱床の形態や,内部の鉱物共生は大きく変化するので,変成作用をうけた鉱床では変成以前の状態に復元して考える必要がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変成鉱床
へんせいこうしょう
metamorphic depositmetamorphosed deposit

変成作用によって特定の元素または鉱物が濃集して生成した鉱床、あるいは既存の鉱床が変成作用を受けてその性質を変えたものをいう。英語では前者をmetamorphic、後者をmetamorphosedとして区別している。火成鉱床、堆積(たいせき)鉱床とともに、鉱床を成因により三大別したうちの一つ。変成鉱床は変成作用の性質によって、接触変成鉱床と広域変成鉱床(動力変成鉱床)の二つに分けられる。接触変成鉱床は貫入した火成岩の熱による接触変成作用で形成されたものをいう。火成岩から物質を供給され交代作用によって生成された鉱床は、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)として別に扱われる。接触変成鉱床の例としては、チャートから形成された珪石(けいせき)鉱床、石炭層から形成された黒鉛鉱床などがある。これらの鉱床は変成作用による再結晶の過程で不純物が除かれるか、結晶構造の変化によって鉱床となったものである。広域変成鉱床としては、結晶片岩または片麻(へんま)岩中に産する鱗(りん)状黒鉛鉱床、藍(らん)晶石・紅柱石・珪線石鉱床、蛇紋石およびドロマイトなどから形成された滑石鉱床などのほか、堆積(たいせき)成の鉄鉱床、マンガン鉱床、塊状硫化物鉱床が広域変成作用を受けて再結晶し、異なった鉱物組成に変化したり激しく変形した例が知られている。
 中熱水性鉱脈型(中温・中圧の条件下)の金鉱床は世界的に広く分布し、金の資源として重要であるが、これを生成した熱水の起源がマグマから放出されたマグマ水であるか、変成岩生成に伴う変成水であるかは鉱床学論争の一つである。1980年代後半以降の研究結果によると、水を含んだ火山岩と堆積岩からなる海洋地殻が、沈み込み帯(プレートが収斂(しゅうれん)する境界)で深く沈み込むことによって温度が上昇し、脱水形成された熱水が起源であるという一種の変成水説が有力になっている。[鞠子 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

変成鉱床の関連キーワードキースラーガー動力変成鉱床ジャルパ鉱亜鉛尖晶石変成岩磁鉄鉱鉱石

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android