コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層状含銅硫化鉄鉱床 そうじょうがんどうりゅうかてつこうしょう

2件 の用語解説(層状含銅硫化鉄鉱床の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

層状含銅硫化鉄鉱床【そうじょうがんどうりゅうかてつこうしょう】

キースラーガー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

層状含銅硫化鉄鉱床
そうじょうがんどうりゅうかてつこうしょう
bedded cupriferous iron sulfide deposit

主として黄鉄鉱磁硫鉄鉱などの硫化鉄鉱物からなり、黄銅鉱と少量の閃亜鉛鉱を含む緻密(ちみつ)な鉱石からなる層状の鉱床。キースラーガーKieslager(ドイツ語)またはキースラーガー型鉱床ともいう。泥岩や砂岩などの堆積(たいせき)作用が行われているところで中央海嶺(かいれい)の海底火山活動がおこり、これに伴う熱水作用によって生成されたと考えられる。鉱床の母岩が塩基性火山岩と泥岩、あるいは砂岩の互層からなるのが特徴であるが、広域変成作用を受け、緑色片岩、黒色片岩、珪(けい)質片岩などになっていることが多い。日本の別子(べっし)鉱床がモデル鉱床とされ、世界的にも別子型鉱床Besshi-type depositとよばれる。日本のほか、アメリカ、カナダ、ナミビア、ノルウェー、ウガンダ、インド、フランスなど世界各地に分布する。現在カナダ沖のファン・デ・フカJuan de Fuca海嶺北部、カリフォルニア湾グアイマスGuaymas海盆などで生成されつつある熱水鉱床が、地質時代の別子型鉱床に相当すると考えられている。[鞠子 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の層状含銅硫化鉄鉱床の言及

【キースラーガー】より

…玄武岩質火山岩類に伴い,層状をなして産する含銅硫化鉄鉱床。層状含銅硫化鉄鉱床または別子型鉱床ともいう。普通1~2%の銅を含み,亜鉛も数%に達することがある。…

【別子銅山】より

…鉱石は緻密(ちみつ)堅硬な硫化鉱物(黄鉄鉱,黄銅鉱,セン亜鉛鉱,および硫化鉱物ではないが,磁鉄鉱または硫化鉱物の磁硫鉄鉱)からなる部分と,緑泥片岩中に磁化鉱物が縞状に鉱染した部分,磁鉄鉱に富む部分とがある。世界的にも大きい層状含銅硫化鉄鉱床で,閉山までに3000万t近い鉱石を生産したが,銅量にして70万tにも達するという。久根(くね)(静岡県),佐々連(さざれ),大久喜(おおくき)(以上愛媛県),白滝(しらたき)(高知県)など三波川結晶片岩類中に知られる諸鉱山を代表して,この型の鉱床は別子型銅鉱床と呼ばれる。…

※「層状含銅硫化鉄鉱床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone