キーナン(英語表記)Keenan, Joseph Berry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キーナン
Keenan, Joseph Berry

[生]1888.1.11. ロードアイランド,ポタキット
[没]1954.12.8. アシェボロー
アメリカの法律家。ブラウン,ハーバード両大学卒業後,弁護士。 1919年,オハイオ州検事総長補佐官を経て,33年連邦検事総長補佐官。 45年,極東国際軍事裁判のアメリカ合衆国主席検察官兼連合国主席検察官をつとめた。 48~49年,国連パレスチナ調査委員会アメリカ代表。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

キーナン Keenan, Joseph Berry

1888-1954 アメリカの法律家。
1888年1月11日生まれ。昭和20年東京裁判首席検察官として来日,日本の戦争指導者の訴追に主導的役割をはたす。昭和天皇や財界人の戦争責任,日本軍の細菌戦や毒ガス戦の遂行などをすべて免責とした。1954年12月8日死去。66歳。ロードアイランド州出身。ハーバード大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

キーナン【Joseph Berry Keenan】

1888‐1954
アメリカの法律家,極東国際軍事裁判(東京裁判)の首席検察官。ロード・アイランド州生れ。ハーバード大卒。1914年オハイオ州で弁護士開業。33年連邦政府の司法長官特別補佐官に任命され,暴力犯罪,とりわけギャングや誘拐犯の一掃に努めた。次いで同省刑事部長,司法長官補に昇進。45年(昭和20)11月,トルーマン大統領の特命で,日本の戦争指導者の戦争犯罪捜査訴追のためのアメリカ法律顧問団団長に任命されて来日。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キーナン【Joseph Berry Keenan】

1888~1954) アメリカの法律家。極東国際軍事裁判(東京裁判)首席検察官。米政府およびマッカーサーの意をうけ、昭和天皇の免責を実現した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

キーナン

生年月日:1888年1月11日
アメリカの法律家
1954年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のキーナンの言及

【東京裁判】より

戦犯ニュルンベルク裁判【粟屋 憲太郎】。。…

【東京裁判】より

戦犯ニュルンベルク裁判【粟屋 憲太郎】。。…

※「キーナン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キーナンの関連情報