コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギブ give

翻訳|give

デジタル大辞泉の解説

ギブ(give)

与えること。「ギブアンドテーク」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ギブ【Hamilton Alexander Rosskeen Gibb】

1895‐1971
イギリスの東洋学者。ロンドン,オックスフォード,ハーバード各大学で長らくアラビア語を担当し,多くの学者を育てた。学位論文《中央アジアにおけるアラブの征服》を公刊(1923)して以来,アラブ文学,イスラムの研究を広く行い,多くの著作を公刊した。イブン・バットゥータの《紀行》の英訳があり,また《現代アラブ文学研究》(1928‐33)や《イスラムにおける最近の潮流》(1947)には,近・現代のアラブ,イスラムへの深い関心がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のギブの言及

【地域研究】より

… 他方で,それに,古典学の方法と伝統(言語哲学と文献学)の延長線上に開花してきた東洋学と東洋美術・文化研究(オリエンタリズム)がはぐくんだ非西欧文化世界の現代思想・文学,政治・宗教運動への関心と並行して,〈社会科学と東洋学の結婚〉を模索してきた傾向が合流する。イギリスのイスラム研究者H.A.R.ギブがその中心的人物であったが,そのとき研究対象は〈大〉文化圏であったし,社会科学の視座と方法は汎大西洋圏の経験を普遍化した〈一国世界論〉の論理を体系化したものであったので,地域研究を志向する側からの不満は早晩明確になるはずであった。 そこに潜在した問題発想を切り開く役割を果たしたのは人類学であって,この学問は,少数民族を含め,すべての文化の価値が大文化(近代文明)と等価であること,民族文化の多様性,異質性にこそ存在理由があることを承認し主張してきたのであった。…

※「ギブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギブの関連キーワードラヴ・ハズ・ノー・プライドデューエムの式(熱力学)ギブス石(データノート)ブロッサム ディアリーギプサイト質ラテライトアンソニー キーディスヴァーチャル・ライトジョン フルシアンテブライアン アダムススプーク・カントリーイブン・バットゥータギブスの規則(相律)フューチャーマチックギブス自由エネルギージョージ ベンソン熱力学ポテンシャルギブスエネルギーショーン レノンゴーカイブルー自由エネルギー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギブの関連情報