コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギベール gibber

翻訳|gibber

岩石学辞典の解説

ギベール

砂漠に残留した礫あるいは角礫のオーストラリアの地方名[Twenhofel : 1950].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ギベール

フランスの作家。パリ生れ。1977年から1985年まで《ル・モンド》で主として映画批評を担当。《プロパガンダの死》(1977年),《犬たち》(1982年),《僕の両親》(1986年),《バンサンに夢中》(1989年),《僕の命を救ってくれなかった友へ》(1990年)を刊行し,自らエイズ患者であることを公表。《憐れみの処方箋》《召使いと私》を発表後,自殺未遂。36歳でエイズで死去。死後に《赤い帽子の男》(1992年)など次々に出版されている。死とホモセクシャルへの魅惑が色濃く感じられ,脚本家としてもパトリス・シェローの映画《傷ついた男》に参加した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ギベールの関連キーワードサクレクール寺院ナポレオン戦争レスピナス嬢レスピナスコミューン兵学思想

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android