コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア・トルコ戦争 ぎりしあとるこせんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギリシア・トルコ戦争
ぎりしあとるこせんそう

ギリシア・トルコ間に戦われた戦争(1919~22)。第一次世界大戦に際し、ベニゼロスの指導下で戦勝国に列したギリシア軍は、ビザンティン帝国の復興をもくろむ念願の「大ギリシア主義」を達成すべく、パリ講和会議の議定中にイギリスの支持を受けて、1919年5月小アジアのトルコのイズミルに上陸、占領した。しかし、トルコ側には、第一次大戦の敗戦の混乱のなかから救国の士ケマル・アタチュルク(ケマル・パシャ)が現れ、トルコ国民党を率いて、セーブル条約によってギリシアに奪われた土地から敵軍を追放した(1922)。またスルタン制を廃し、ここにオスマン朝は滅んだ。トルコの勝利により、22年11月から翌年7月のローザンヌ会議、同条約によってセーブル条約は廃された。[豊田和二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のギリシア・トルコ戦争の言及

【ギリシア】より

…戦勝国となったギリシアはヌイイー,セーブル両条約でトラキア,エーゲ海諸島の一部を得,アナトリアのイズミルの管理を約された。しかし,続くイズミル出兵ではケマル・アタチュルクの率いるトルコ国民軍の抗戦に会い,ギリシア・トルコ戦争(1919‐22)となって敗北を喫し,23年のローザンヌ条約でイズミルと東トラキアを失った。ここにいたって大ギリシア主義は放棄され,その要因を断ち切るべく大幅な住民交換が行われた。…

※「ギリシア・トルコ戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギリシア・トルコ戦争の関連キーワードクレーン(Stephen Crane)ヘミングウェイメタクサスギリシアザハロフ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android