ギ酸(蟻酸)(読み)ぎさん(英語表記)formic acid

翻訳|formic acid

世界大百科事典 第2版の解説

ぎさん【ギ酸(蟻酸) formic acid】

最も簡単なカルボン酸で,アリやハチなどの毒腺中に含まれていることからその名がある(ラテン語formicaはアリの意)。また,イラクサ,マツなど多くの植物中にも含まれる。イラクサに触れるとひりひりするのは,このギ酸によると考えられている。化学式HCOOH,沸点100.8℃,融点8.4℃,比重1.2202。無色で刺激臭のある液体で,水と任意の割合で混合し,エチルアルコールエーテルともよく混じり合う。強い酸味を呈し,皮膚に触れると水ぶくれを生じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android