コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギ酸(蟻酸) ぎさん formic acid

翻訳|formic acid

1件 の用語解説(ギ酸(蟻酸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎさん【ギ酸(蟻酸) formic acid】

最も簡単なカルボン酸で,アリやハチなどの毒腺中に含まれていることからその名がある(ラテン語formicaはアリの意)。また,イラクサ,マツなど多くの植物中にも含まれる。イラクサに触れるとひりひりするのは,このギ酸によると考えられている。化学式HCOOH,沸点100.8℃,融点8.4℃,比重1.2202。無色で刺激臭のある液体で,水と任意の割合で混合し,エチルアルコールエーテルともよく混じり合う。強い酸味を呈し,皮膚に触れると水ぶくれを生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギ酸(蟻酸)の関連キーワードカルボン酸ジカルボン酸フマル酸オキシカルボン酸蟻酸蓚酸アミノ酸デカルボキシラーゼカルボン酸エステラーゼジカルボン酸尿ピロリドンカルボン酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone