コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラクサ イラクサ Urtica thunbergiana; nettle

3件 の用語解説(イラクサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラクサ
イラクサ
Urtica thunbergiana; nettle

イラクサ科の多年草で,山地や林の縁などに生え,福島県以南の本州,四国,九州に分布する。高さ 40~80cm。全体に多くの刺毛があり,ギ酸を含んでいるので触れると痛く,ときには水泡を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イラクサ【Urtica thunbergiana Sieb.et Zucc.】

山地の湿った場所に生え,全草に酸を含む刺毛があるイラクサ科の多年草(イラスト)。刺毛にギ酸を含み,さわると痛いのでイラクサ(刺草)の名があるが,学名のUrticaも焼くという意味のラテン語uroに由来する。イラクサ属の仲間に対する英名のnettleneedle(針)と同語源である。茎は高さ40~80cm。葉は対生し,円心形で長さ6~16cm,欠刻状の鋸歯がある。葉腋(ようえき)の托葉はとなりどうし合着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラクサ
いらくさ / 刺草
[学]Urtica thunbergiana Siebold et Zucc.

イラクサ科の多年草。植物体全体に特殊な刺毛があり、触れると激しい痛みを感じるのでこの名(イラとは痛みを伴う刺激のこと)がある。茎は固まって出て、高さ40~120センチメートル、繊維質である。葉は長い柄(え)があって対生し、卵円形で長さは柄を除き4~12センチメートル。縁(へり)に粗い重鋸歯(きょし)がある。葉腋(ようえき)には2枚の卵形の托葉(たくよう)があるが、これは本来4枚のものが互いにくっついたものである。花序は葉腋に2本(つまり節(ふし)ごとに4本)ずつ出て穂状。雌雄の別があり、雄花序が茎の中部、雌花序が上部の葉腋につく。本州から九州の低山地に生育し、国外では朝鮮半島と中国大陸南西部に分布する。中国名は咬人蕁麻。本種は中国大陸と台湾に産する蕁麻(じんま)U. fissa E. Pritzelにごく近縁で、かつては混同された。[米倉浩司]

総称名としてのイラクサ

前記のイラクサを含め、イラクサ属Urtica L.、およびそれに近縁で、中にギ酸を含む特殊な刺毛を植物体に生じる、ムカゴイラクサ属やオニイラクサ属Girardinia Gaudich.の草本の総称。イラクサ属は葉が対生するが、ムカゴイラクサ属やオニイラクサ属は葉が互生する。イラクサ属やムカゴイラクサ属では多くの種の若い茎葉が食用とされ、ヨーロッパではU. dioca L.、U. pilulifera L.やU. urens L.などが飢饉(ききん)の際に救荒植物として利用された。また茎の繊維が強いためにヨーロッパ産のU. cannabina L.は繊維植物として栽培されることもあった。なお、じんま疹という語は、その症状が、イラクサの仲間(蕁麻)の刺毛に刺されてできた火ぶくれに外見的に似ることからついたものである。[米倉浩司]

文化史

茎葉の刺(とげ)は激しい痛みを伴うが、イギリスのイラクサU. pilulifera L.(英名はRoman nettle)は、ローマ帝国が侵略したおりに、イギリスの寒さがひどいと聞いたローマ兵が寒さでかじかんだ手を刺激させるのに持ち込んだことから広がったという。イギリスでは若芽はゆでたり粥(かゆ)に入れたりして食べ、葉は煎(せん)じてじんま疹やリウマチの民間薬に使った。日本でも若葉は食用にされる。
 ヨーロッパでは古代から中世にかけて、茎からとった繊維で衣料やロープをつくったり、茎葉を家畜の干し草に、また種子を飼料にした。このような実用面を無視して、花ことばは「残酷、中傷、悪意、あるいは私の心を破る」とされている。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイラクサの言及

【有毒植物】より


[皮膚炎をおこす有毒植物]
 接触によって皮膚炎をおこす植物も多い。毛やとげ,針が機械的な刺激を与える例として,コンフリーの葉,ムギの穂,イラクサ,サボテン,バラのとげなどがある。イラクサは折れて皮膚内に残った刺毛からアセチルコリンやヒスタミンが放出されるため,はれやかゆみをひきおこす。…

※「イラクサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イラクサの関連キーワード雄宝香栴檀草水杉溝羊歯山芹銀鈴花栗葉蘭高野蕨溝苺繋山藺

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イラクサの関連情報