コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀鏡反応 ぎんきょうはんのう silver mirror reaction

6件 の用語解説(銀鏡反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀鏡反応
ぎんきょうはんのう
silver mirror reaction

有機化合物の還元性試験法の1つ。試験管硝酸銀溶液をとり,これにアンモニア水を少しずつ加え,いったん生じた褐色沈殿が消失したとき,これに検体の水溶液を加えて加温すると,試験管壁に銀が析出し鏡のようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎんきょう‐はんのう〔ギンキヤウハンオウ〕【銀鏡反応】

ぶどう糖などの還元性のある有機化合物硝酸銀アンモニア溶液を加えて温めると、銀イオンが環元されて析出し、ガラスに付着する反応。還元性物質の検出のほか、鏡を作るのにも応用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

銀鏡反応【ぎんきょうはんのう】

還元性物質の検出反応の一つ。きれいな試験管に硝酸銀溶液をとり,アンモニア水を少しずつ加え,いったん生じた褐色の沈殿が消失したものに試料を加えて少し暖めると,還元性物質があるときは銀が析出して試験管内部に銀鏡ができる。
→関連項目アルデヒド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんきょうはんのう【銀鏡反応 silver mirror reaction】

銀塩の水溶液に還元性有機化合物を加えて温めると,金属銀が還元されて析出し器壁が鏡のようになる(これを銀鏡という)現象。十分に清浄にした試験管のようなガラス器にホルマリンブドウ糖の試験溶液をとり,これにアンモニア性硝酸銀溶液(硝酸銀のうすい水溶液にアンモニア水を加えると酸化銀の灰白色沈殿を生ずるが,さらにアンモニア水を沈殿が消失するまで加えたもの。この溶液をトレンス試薬ともいう)を加えてぬるま湯(約50℃)につけるか,バーナーの弱火で熱すると,容器の内壁に銀鏡を生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎんきょうはんのう【銀鏡反応】

還元性をもつ有機化合物の検出反応の一。過剰のアンモニアを加えた硝酸銀水溶液を入れた試験管に試験物質を加え約摂氏60度に加熱して静置したとき、銀イオンが還元されてガラス壁面に析出し鏡をつくる反応。ブドウ糖やアルデヒドの検出などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀鏡反応
ぎんきょうはんのう
silver mirror reaction

還元性有機化合物の検出反応の一つ。内面を清浄にしたガラス容器に試料を入れ、これに硝酸銀溶液を加え、いったん生ずる褐色沈殿が消失するまでアンモニア水を加えて透明溶液にする。これをバーナーの小炎で熱するか、あるいは水浴中で50~60℃に加温すると、容器の内面に銀が析出し、容器が銀めっきされる。これを銀鏡といい、この反応を銀鏡反応という。ホルムアルデヒド、ブドウ糖や果糖のような還元糖、酒石酸塩などはこの反応を示す。デュワー瓶や鏡の銀めっきはこの反応に基づいている。ショ糖(非還元性二糖類、通常砂糖とよばれている)はこの反応を示さない。銀鏡反応を用いる検出法を銀鏡試験といい、還元性物質の定性分析に利用される。
 ある種の金属イオンはアンモニアアルカリ性溶液中で水酸化物の白色沈殿を生成するが、アンモニアの過剰でアンミン錯体を生成する。Ag+、Cu2+、Zn2+などがその例である。アンミン錯体は通常無色透明であるが、金属イオンの性質により有色のものもある。[Cu(NH3)4]2+は濃青色である。硝酸銀溶液にアンモニアを加えたときに
  Ag++OH-―→AgOH
のように白色沈殿が生成するが、
  2AgOH―→Ag2O+H2O
のように脱水して酸化銀が生成し褐色沈殿になる。これは過剰のアンモニアにより、銀アンミン錯体[Ag(NH3)2]+を生成して溶ける。
  [Ag(NH3)2]++e-Ag+2NH3
の標準還元電位(標準酸化還元電位)はE°=+0.373Vである。一方、
  Ag++e-Ag
の標準還元電位はE°=+0.799Vである。Ag+より[Ag(NH3)2]+のほうが標準還元電位が小さい。このことは有機物との酸化還元反応には不利であるが、還元性有機物の標準還元電位は小さいので、理論的には問題がない。実用的には、きめの細かい銀鏡を生成するという点で優れているのであろう。[成澤芳男]
『日本化学会編『化学便覧 基礎編』改訂4版(1993・丸善) ▽秋山浩利著『土曜日の科学実験』(2002・文芸社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の銀鏡反応の言及

【硝酸銀】より

…化学式AgNO3。銀を濃硝酸に溶解した溶液から無色,斜方晶系の結晶として得られる。熱すると159.6℃で六方晶系となる。融点212℃,融解するとやや黄色を帯びるが,冷却固化すれば再び無色となる。比重4.35。潮解性はない。純粋であれば光に当たっても変化しないが,有機物が痕跡量でも存在すれば光還元反応を起こし銀が析出するので,通常硝酸銀固体または水溶液の容器のふたのあたりは黒変している。350℃まで加熱しても安定であるが,444℃で分解し,金属銀,酸素,窒素,窒素酸化物を生ずる。…

【炭水化物】より

…またグルコースなどの単糖は一般に還元力があるが,デンプンにはこれがない。単糖の還元力はアルデヒド基,ケトン基に由来するもので,アンモニア性硝酸銀の銀イオンを還元して遊離の銀とする銀鏡反応などで検出することができる。デンプンが還元力をもたないのは,その鎖中のグルコースのアルデヒド基がグルコース単位を相互に結びつけるために使われているからである。…

※「銀鏡反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銀鏡反応の関連キーワード天然有機化合物ハロゲン化物無機化合物有機化学有機スズ化合物ターンブルブルー環状化合物コレイン酸ヒ素化合物VOC(揮発性有機化合物)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone