コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギ酸 ギさんformic acid

翻訳|formic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギ酸
ギさん
formic acid

化学式 HCOOH 。刺激臭のある無色の液体で,酢酸よりも強い酸性を示す。水酸化ナトリウム一酸化炭素とを加圧下で反応させるとギ酸ナトリウムが得られる。これを希酸で分解するとギ酸が得られる。融点 8.4℃,沸点 100.6℃。ハチやアリの毒腺や,マツなどの葉に存在する。水に溶け,共沸混合物をつくる。エチルアルコールエーテル可溶。他のカルボン酸と異なり,アルデヒド基による還元性がある。皮膚につくと炎症を起す。有機合成原料や皮革なめし加工に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ギ酸

 CH2O2 (mw46.03).HCOOH.酸としての性質還元剤としての性質をもつ,分子量の最も小さいカルボン酸.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギ酸
ぎさん / 蟻酸
formic acid

カルボン酸の一種であり、メタン酸ともよばれる。最初にアリの蒸留により得られたので、ラテン語のアリformicaにちなんで名づけられた。化学式HCOOH、分子量46.0。常温では無色の刺激臭のある液体で、皮膚に触れると水疱(すいほう)を生ずる。天然にはアリのほかにイラクサなどの植物にも含まれていて、イラクサに触れると皮膚がひりひりするのはギ酸によるといわれている。沸点100.8℃、融点8.4℃。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルによく溶ける。分子内にカルボキシ基(カルボキシル基)とアルデヒド基の両方をもつので、酸性と還元性を持ち合わせている。酸性は酢酸よりはるかに強い。工業的には、高圧下で一酸化炭素と水酸化ナトリウムとを反応させてギ酸ナトリウムをつくり、硫酸で酸性にすると得られる。いろいろな有機試薬や溶剤の合成、染色、皮なめしなどに用いられる。高等植物の種子や芽生えの子葉などに含まれるギ酸脱水素酵素により、ギ酸は二酸化炭素に分解される。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギ酸の関連キーワードジメチルホルムアミドオルトギ酸エステルオルトギ酸エチルメチルアルコールアリルアルコールホルムアルデヒドグリニャール試薬セレノシステインムカゴイラクサシアン化水素酸ギ酸(蟻酸)ゼラニウム油ホルムアミドプロピオン酸プロピオン菌シリアゲアリビフィズス菌ポルフィンホルミル基イラクサ科

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギ酸の関連情報