コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クエン酸発酵 クエンさんはっこうcitric acid fermentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クエン酸発酵
クエンさんはっこう
citric acid fermentation

クエン酸を微生物を用いて生産する方法。クエン酸は柑橘類に多く含まれており,その果汁から製造されるが,発酵法によっても生産しうる。デンプンなどの糖質からの生産にはクロカビ Aspergillus nigerが用いられており,表面培養法あるいは液内培養法で行われる。培地中の炭素源と窒素源との量比を高くし,pHを酸性に保つとともに適当な通気をすることによって,クエン酸生産量が高まる。ノルマルアルカンからも高い収率で生産することができ,この場合には,クエン酸をイソクエン酸に変換する酵素アコニターゼの活性が低いカンジダ属 Candida酵母の変異株が使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

クエン酸発酵

 発酵法によって工業的にクエン酸を製造する方法.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クエン酸発酵
くえんさんはっこう

糖を分解してクエン酸を蓄積する発酵をいう。酸化発酵の一種で、クロカビ、アオカビなどのカビ類にみられる。クエン酸の製造は従来柑橘(かんきつ)類からの抽出に頼っていたが、現在ではほとんど発酵法によっている。全反応は次式で表される。

好気的代謝を行う生物では、糖は通常ピルビン酸に分解され、それがTCA回路に入って完全に酸化を受けるが、クエン酸発酵は、TCA回路がクエン酸のところで止まったものと考えられる。工業的には糖蜜を原料としクロカビAspergillus nigerを用い、酸性条件下で発酵生産されている。[伊藤莪]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クエン酸発酵の関連キーワード工業用発酵伊藤

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android