コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クズルバシュ Kızıl baş

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クズルバシュ
Kızıl baş

キジルバーシュ Qizil-bāshともいう。 16世紀初め,イランのサファビー朝を創建したイスマーイール1世を支援したシーア派トルクメンの7部族にスンニー派トルコ人が与えた呼称。トルコ語で「赤い頭」を意味し,彼らが着用した赤い頭巾に由来する。サファビー朝初期には,大きな権勢を誇ったが,アッバース1世の軍制改革により弱体化した。のちには東部アナトリアのシーア派信徒一般をさすようになり,また 18世紀のアフガニスタンにおいては,カブールなどに住むペルシア語を話すトルクメン人の呼称となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クズルバシュ【Kızılbaş】

イラン北西部の町アルダビールにあったサファビー神秘主義教団の長ハイダルḤaydar(イスマーイール1世の父,?‐1488)が,同教団の門徒,とりわけアナトリア,シリアのトルクメン遊牧部族民を部族別に編制した戦士集団。教団長に無条件の忠誠を誓い,彼のために身を捨てて戦った。クズルバシュとは〈赤頭〉を意味するトルコ語で,これは彼らの着用した赤い帽子に由来する。ペルシア語ではキジルバーシュという。イスマーイール1世のサファビー朝創設を助け,その有力者たちは軍事的・政治的要職に任ぜられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクズルバシュの言及

【サファビー朝】より

…サファビー神秘主義教団の開祖サフィー・アッディーンṢafī al‐Dīn(1252‐1334)の子孫で,同教団の長イスマーイール1世が樹立。1501年タブリーズで即位したイスマーイール1世は,彼を神のように仰ぐクズルバシュを率いて,東はヘラート,西はディヤルバクル,バグダードに及ぶ地域を制圧した。一方,彼の行った十二イマーム派の国教化,スンナ派信徒の迫害は,スンナ派を奉じるオスマン帝国,ウズベクとの敵対関係を生み,14年最初の対オスマン・トルコ戦でイラン軍は敗北を喫した。…

※「クズルバシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android