コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クッション クッション cushion

翻訳|cushion

3件 の用語解説(クッションの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クッション(cushion)

羽毛・スポンジなど弾力性のある物を入れ、刺繍(ししゅう)・レースなどで飾ったいす用の布団。
いすや乗り物の座席などで、腰を下ろすために弾力をもたせた部分。「クッションのきいたソファー」
衝撃や振動を和らげるためのもの。「エアクッション
衝撃を和らげるために間におくもの。「ワンクッションおいて話を切りだす」
玉突き台の弾力のある縁。
球技で、球が壁などにぶつかってはね返ること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

クッション【cushion】

羽毛・綿などをつめた座布団。椅子いすの背もたれなどに用いる。
椅子・座席などの弾力性。 「このソファーは-が悪い」
物の間にあって、衝撃的な力を柔らげる役目をするもの。比喩的に、影響力やショックを柔らげる方法・措置などの意で使われることが多い。 「ワン--おく」
球突き台の縁の、球の当たる所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クッション
くっしょん
cushion

西洋式の座ぶとん、椅子(いす)用ふとん。布などを袋状に縫い、中にパンヤ、羽毛、綿、ウレタンフォームなど、柔らかく弾力性のある素材を詰め込んでつくる。角形、長方形、四角形、丸形、楕円(だえん)形など各種の形状がある。表の素材には布のほか、革、人造皮革も使用され、表面は刺しゅうを施したもの、レース編やレースで飾ったもの、染色したものなど、これもさまざまである。椅子式生活の普及とともに室内装飾品として、また生活必需品として需要が増えている。子供用にはクマやパンダなど動物の形にしたクッションもある。なお、クッションには、ビリヤード用語として玉突き台のへり、結髪用の芯(しん)、座席の背中をもたせかけるところ、などの意味で使われることもある。[市川久美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クッションの関連キーワードレスポンスタイム靭帯海綿すぽんスポンジボールタンポンスポンジゴムクリニカスポンジフロス交差弾力性スポンジミート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クッションの関連情報