クトゥブ・モスク(英語表記)Qutb Mosque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クトゥブ・モスク
Qutb Mosque

北インドを征服した将軍クトゥブ・ウッディーン・アイバクが 1200年頃デリーの都城内に創建した大モスクで,クッバ・アル・イスラーム (イスラムの力) とも呼ぶ。現存するインド最古のイスラム建築ヒンドゥー教寺院を破壊し,その跡に転用材を用いてつくられ,当初は横幅およそ 46m,奥行およそ 65mの単純な長方形の設計であったが,のち 1295~1315年にかけてなど2度にわたり増築され,南北約 230m,東西約 140mの規模になった。 1993年クトゥブ・ミナールとともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android