クトゥブ・モスク(英語表記)Qutb Mosque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北インドを征服した将軍クトゥブ・ウッディーン・アイバクが 1200年頃デリーの都城内に創建した大モスクで,クッバ・アル・イスラーム (イスラムの力) とも呼ぶ。現存するインド最古のイスラム建築ヒンドゥー教寺院を破壊し,そのに転用材を用いてつくられ,当初は横幅およそ 46m,奥行およそ 65mの単純な長方形の設計であったが,のち 1295~1315年にかけてなど2度にわたり増築され,南北約 230m,東西約 140mの規模になった。 1993年クトゥブ・ミナールとともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android