コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クフェア

百科事典マイペディアの解説

クフェア

アメリカ原産のミソハギ科の低木または草本で,約200種がある。葉は対生または輪生,花は葉腋に1〜数個つくか枝先に総状につく。数種が観賞用花木として,夏〜秋に花壇や鉢植に利用される。クフェア・ヒッソピフォリア(メキシコハコヤナギ)は花は径1cmほどで,6枚の花弁が目立ち,桃または白色。クフェア・イグネア(チョウジソウ)は花弁を欠き,長さ2〜3cmの赤い筒状のがくが目立つ。クフェア・ミクロペタラ(ハナヤナギ)は長さ3cm,径8mmほどの筒状のがくが目立つ。がくは下半部が赤で,上半部が黄色。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クフェア
くふぇあ
[学]Cuphea

ミソハギ科クフェア属の総称。草本性のものから木本性のものまであり、亜熱帯ないし熱帯アメリカに多く野生し200種ほどある。園芸的によく栽培されるのはC. hyssopifolia Humb.で、高さ約30センチメートル。非常によく分枝して茂り、花はごく小さく、四季を通じて咲き、淡紫紅色。半耐寒性で、鉢物とされる。このほか、ベニチョウジ(タバコソウともいう)は、花は細長い筒状で橙紅(とうこう)色、弁先は白く、黒い輪模様が入る。クサミソハギは、春播(ま)き一年草で、大形のサルスベリの花に似た紫紅色花をつける。またハナヤナギは、萼(がく)の下部は緋紅(ひこう)色、上部は黄色で、春から秋にかけて白色の小花をつける。
 寒さに弱い点を除けばきわめてじょうぶな植物で、冬は3℃以上を保てばよい。日当りのよい所で育てるが、おもに鉢栽培とする。繁殖は挿木または実生(みしょう)による。[柳 宗民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android