コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クフェア

百科事典マイペディアの解説

クフェア

アメリカ原産のミソハギ科低木または草本で,約200種がある。葉は対生または輪生,花は葉腋に1〜数個つくか枝先に総状につく。数種が観賞用花木として,夏〜秋に花壇や鉢植に利用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クフェア
くふぇあ
[学]Cuphea

ミソハギ科クフェア属の総称。草本性のものから木本性のものまであり、亜熱帯ないし熱帯アメリカに多く野生し200種ほどある。園芸的によく栽培されるのはC. hyssopifolia Humb.で、高さ約30センチメートル。非常によく分枝して茂り、花はごく小さく、四季を通じて咲き、淡紫紅色。半耐寒性で、鉢物とされる。このほか、ベニチョウジ(タバコソウともいう)は、花は細長い筒状で橙紅(とうこう)色、弁先は白く、黒い輪模様が入る。クサミソハギは、春播(ま)き一年草で、大形のサルスベリの花に似た紫紅色花をつける。またハナヤナギは、萼(がく)の下部は緋紅(ひこう)色、上部は黄色で、春から秋にかけて白色の小花をつける。
 寒さに弱い点を除けばきわめてじょうぶな植物で、冬は3℃以上を保てばよい。日当りのよい所で育てるが、おもに鉢栽培とする。繁殖は挿木または実生(みしょう)による。[柳 宗民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クフェアの関連キーワードBIRTHDAY BUNKO文字・活字文化振興法メキシコハコヤナギJKim(金志賢)日本書籍出版協会ビバリーヒルズガリープダムブックフェア津久井 克行中川キッコ古手川祐子キログリンハナヤナギ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android