クモバエ

世界大百科事典 第2版の解説

クモバエ

双翅目クモバエ科Nycteribiidaeに属する昆虫の総称。体長2~5mmの小型のハエであるが,名の示すとおり,翅がまったく退化し,長い脚と非常に小さな頭部,筋肉の退化によって扁平化した胸部,そして全体的に扁平な体つきのため,一見,6本足のクモに見える。複眼も退化する傾向にあり,まったく欠くものもある。成虫はコウモリに外部寄生し,雌が幼虫(うじ)を生むため一時的に寄主を離れることを除けば,つねにコウモリの体上で血を吸って生活する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモバエ
くもばえ / 蜘蛛蠅

昆虫綱双翅(そうし)目環縫(かんほう)亜目クモバエ科Nycteribiidaeの昆虫の総称。体長3ミリメートルぐらいの無翅のハエで、褐色の体に剛毛が発達し、つめが大きい。体は一見クモを思わせるので名づけられた。成虫はコウモリ類に体外寄生して吸血する。卵は子宮内で孵化(ふか)し、幼虫も発育を完了し、前蛹(ぜんよう)で産み出され、ただちに蛹化する。この習性をもつグループはハエのなかで蛹生群とよばれている。ケブカクモバエPenicillidia jenynsiiは、頭部は円筒形で単眼を有し、毛を密生する。脚(あし)の脛節(けいせつ)には先端部に4、5列の剛毛をもつ。ニホンユビナガコウモリに寄生する、ヘラズネクモバエNycteribia parvula、ミカドクモバエN. allotopa mikadoなどは蹠節(せきせつ)側面が半円形を示す。いずれもまれな種類である。[倉橋 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android