コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラドスポリウム クラドスポリウムCladosporium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラドスポリウム
Cladosporium

不完全菌類モニリア目に入れられる糸状菌。空中に立上がった菌糸は黒色,輪生的に分枝して樹状を呈するが,その小枝の先端に胞子をつける。胞子はブラストポーア型で菌糸端が芽状にふくらみ,その下に隔壁を生じることによって菌糸から独立して落下する。きわめて普通に土壌中に分布する。菌糸は有色なので,繊維,白壁などにつくと汚染がひどい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クラドスポリウムの関連キーワード黒星病

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラドスポリウムの関連情報