コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラドフレビス クラドフレビスCladophlebis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラドフレビス
Cladophlebis

中生代のシダ類の葉の化石で,形態種または人為的種といわれるもの。ゼンマイ科のある種に似た羽片をもつが,子嚢を生じていない裸葉から成る。この属名で呼ばれる化石は,化石植物学上,類縁関係の不明ないろいろのものが含まれている。しかし,層位学的に役立つものが含まれているので,地質学者の研究対象とされており,日本にも産出があり,三畳紀から白亜紀にかけて十数種が記載されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラドフレビス【Cladophlebis】

中生代に産する分類上の位置不明なシダの一部の葉に便宜的に与えられた形態属名。世界で約500種類(日本からはそのうち約50種)が知られている。小羽片の一次脈が両側に単純または数回分枝する側脈があり,一次脈と側脈との区別が明瞭でないスフェノプテリス属Sphenopteris(形態属)と便宜的に区別される。三畳紀やジュラ紀初期のものは比較的大型で,これらはおそらく,ゼンマイ科,リュウビンタイ科に属するものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラドフレビスの関連キーワード中生代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android