コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマースの法則 Kramers' law

法則の辞典の解説

クラマースの法則【Kramers' law】

恒星内部物質の輻射に対する不透明度に関する近似法則.次の二つの式で表される.

束縛・自由の転移については

自由・自由の転移については

κff=3.68×1022×&scriptg;ffX(1+X)(XY

ここで XYZ はそれぞれ水素,ヘリウム,その他の元素の質量存在比率(XYZ=1).ρ は密度,T は温度である.&scriptg; はガウント因子,t はギロチン因子と呼ばれ,量子力学に基づく補正因子であるがいずれも1に近い値である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラマースのほうそく【クラマースの法則 Kramers’ formula】

クラマースH.A.Kramersが1923年に発表したX線の光電効果的吸収の理論式に基づいて,それを光の波長について平均した近似式をいい,星の内部構造論に用いられる。密度をρ,温度をTとおけば,その式は, と表現され,比例定数は化学組成に依存する。理論の見通しをつける目的には便利であるが,星のモデルの計算にはこの近似式でなく,詳しい数値表が使われる。【大沢 清輝】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クラマースの法則の関連キーワードヘリウム旋光性

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android