コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマースの法則 Kramers' law

2件 の用語解説(クラマースの法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

クラマースの法則【Kramers' law】

恒星内部物質の輻射に対する不透明度に関する近似法則.次の二つの式で表される.

束縛・自由の転移については

自由・自由の転移については

κff=3.68×1022×&scriptg;ffX(1+X)(XY

ここで XYZ はそれぞれ水素,ヘリウム,その他の元素の質量存在比率(XYZ=1).ρ は密度,T は温度である.&scriptg; はガウント因子,tギロチン因子と呼ばれ,量子力学に基づく補正因子であるがいずれも1に近い値である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クラマースのほうそく【クラマースの法則 Kramers’ formula】

クラマースH.A.Kramersが1923年に発表したX線の光電効果的吸収の理論式に基づいて,それを光の波長について平均した近似式をいい,星の内部構造論に用いられる。密度をρ,温度をTとおけば,その式は, と表現され,比例定数化学組成に依存する。理論の見通しをつける目的には便利であるが,星のモデルの計算にはこの近似式でなく,詳しい数値表が使われる。【大沢 清輝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラマースの法則の関連キーワード質量輻射アトリタスの要素ヴィーンの変位法則逆コンプトン効果キルヒホッフの輻射法則恒星の内部構造の理論黒体輻射の法則輻射の積分法則輻射の法則(四法則)プランクの輻射法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone