クララ(読み)くらら(英語表記)Assisiensis Clara

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クララ(Assisiensis Clara)
くらら
Assisiensis Clara
(1194―1253)

キリスト教の聖女。アッシジ(イタリア)の貴族の子として生まれる。1210年の四旬節(しじゅんせつ)に聖フランチェスコの説教に接し、その精神に心酔して18歳で家を出て、最初の女弟子として誓願をたてた。師と共同でフランシスコ修道会第二会としてクララ会を創設、聖ダミアノ修道院のかたわらの小屋で清貧と苦行の生涯を送った。フリードリヒ2世の傭兵(ようへい)サラセン人の侵入を祈りと聖体で防いだと伝えられ、死後2年で列聖された。その後クララ会はきわめて厳格な観想団体へと発展していった。[藤川 徹]
『上智大学中世思想研究所編・訳『キリスト教史 第4巻』新装版(1991・講談社/改訂版・平凡社ライブラリー)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クララの関連情報