クリティカル・パス・メソッド(英語表記)critical path method; CPM

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリティカル・パス・メソッド
critical path method; CPM

大規模プロジェクトの計画と管理の方法の一つで,PERTとともにスケジューリングの基本的な方法。一般に仕事を早くしようと思うと,追加的なコストがかかる。追加的コストの増加を最小にしながら,一定時間内に仕事を完成させることのできるスケジュールを決定する方法が CPMである。仕事の流れの中の,最も時間的に制約となるクリティカルな仕事に注目し,時間短縮に伴う費用が最も小さいものから順に仕事の短縮を行なうというやり方を採る。複雑なケースの場合には,線形計画法 (リニア・プログラミング) が採用されることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

DBM用語辞典の解説

クリティカル・パス・メソッド【critical path method】

複雑な仕事を各ステップに分けて管理するために使用されるスケジュール化テクニック。各ステップの理論的な順序を示し、ステップごとの作業時間を割当て、スタートから最後までを線で示す。例えば、ダイレクトメール・プロモーションでは、リストの選択からパッケージ・デザイン、メールのプロモーションまで下図のように示す。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android