コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリミガ

百科事典マイペディアの解説

クリミガ

クリオオシンクイガとも。鱗翅(りんし)目ハマキガ科のガの1種。開張18mm内外,灰白色で不規則な斑紋がある。日本全土,朝鮮,中国,シベリア〜ヨーロッパに分布。幼虫はクリのいがの上から果実に食い入る害虫。
→関連項目シンクイガ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリミガ
くりみが / 栗実蛾
[学]Cydia kurokoi

昆虫綱鱗翅(りんし)目ハマキガ科に属するガ。はねの開張15~20ミリメートル。前翅は灰緑色、外縁部は帯状に黒っぽい。北海道を除く日本全土に分布し、夏から秋にかけ、年1回出現する。夜行性でよく灯火に飛来する。幼虫は体長17ミリメートル内外のイモムシで、クリの実に侵入し、老熟すると実から出て、土中に繭をつくり越年する。この幼虫は翌年蛹(さなぎ)となり、夏の終わりごろに成虫が羽化する。市販のクリの実に入っているイモムシで、長い円筒形で脚(あし)が発達し、歩き回るのは本種であるが、尾部が太くて丸い感じのするのはゾウムシの幼虫である。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クリミガの関連キーワードイモムシクリムシ葉巻蛾井上

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android