クルジャ(読み)くるじゃ(英語表記)Kuldja

  • くるじゃ / 固爾札

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区北東部、イリ・カザフ自治州の南西部の県級市。中国語で伊寧(いねい)ともいう。同自治州の直轄行政単位で、政府所在地でもある。人口41万7752(2010)。住民にはウイグル、カザフなどが多い。イリ川上・中流部河谷にある。イリ河谷地域は牧畜業が盛んで、イリ馬や新疆細毛ヒツジが放牧されている。クルジャはその集散地で、畜産品加工など数十の中小型企業が発達、イリ毛紡織工場、皮革工場などの近代的工場もある。カザフスタンをはじめとする中央アジア各国との貿易も行われ、同地域の政治、経済の中心である。また「リンゴの里」や「花園の街」ともよばれ、リンゴ、アンズなどの果樹を中心に園芸が盛んである。

 市街は清(しん)代以降開けた南の旧市街と、北の新市街に分けられる。精伊霍(せいいかく)線(精河(せいが)―クルジャ―コルガス)が通じ、市街近くには伊寧空港がある。東トルキスタン独立運動が盛んな地域の一つとして知られる。

[駒井正一・編集部 2018年1月19日]

歴史

この地方は遊牧に適した良好な草原地帯であり、早くから農耕も行われていた。また東西交渉路の幹線上に位置していたので、古来多くの遊牧勢力の重要な根拠地であり、国際的な交易のセンターでもあった。唐代の弓月(きゅうげつ)城やチャガタイ・ハン国の首都アルマリクは、クルジャの前身とみてよい。クルジャの名は17世紀に現れ、遊牧国家ジュンガルを滅ぼしてこの地を領有した清(しん)朝は寧遠(ねいえん)城を築き、新疆全域の総司令部を置いた。のちにロシアと清が国境を接するようになると、クルジャは国境の要地としての性格ももつようになった。中国ソ連国境、そしてソ連崩壊後はカザフスタンとの国境になって、今日では、さらにこの性格が強調されるようになっている。

[堀 直 2018年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

中国新疆 (しんきよう) (シンチヤン) ウイグル自治区北西部,ロシアとの国境近くにある都市。中国語名は伊寧 (イーニン)
古来,交通の要地で,北方系諸民族の争奪戦のとなった。唐代には弓月城,元代にはアルマリクといい,チャガタイ−ハン国の首都となった。清代には辺境防衛のため,伊犁 (いり) 将軍が置かれた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android