コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルックス管 クルックスかん Crookes tube

5件 の用語解説(クルックス管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルックス管
クルックスかん
Crookes tube

真空度が約 10Pa以下の放電管。この放電管に高電圧をかけると,陽光柱がなくなって陰極暗部が管全体に広がり,ガラス壁が淡黄緑色のケイ光を発するようになる。この放電管を用いて W.クルックス真空放電の研究を行い,陰極線が帯電した微粒子から成ることを発見し,W.C.レントゲンはX線を発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クルックス‐かん〔‐クワン〕【クルックス管】

真空度が水銀柱0.1ミリ以下の放電管真空放電の実験に使用。クルックスが発明。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クルックス管【クルックスかん】

ガイスラー管

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

クルックスかん【クルックス管】

放電管のうち真空度が水銀柱0.1ミリメートル(13.3パスカル)程度以下のもの。発光部分が少ない。この管を用いて、クルックスは陰極線が磁場で曲げられることを発見し、レントゲンが X 線を発見した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルックス管
くるっくすかん

イギリスのクルックスが19世紀の終わりごろ、電子の各種現象を発見したとき使用した真空放電管。真空度は0.1トル(水銀柱0.1ミリメートルの圧力=13.3パスカル)程度である。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクルックス管の言及

【X線管】より

…W.C.レントゲンは1895年末,実験中の放電管から蛍光作用,写真作用のある放射線が発生することを発見し,手の骨の透視写真撮影に成功し,これにX線と名付けた。(1)イオンX線管 レントゲンの実験ではクルックス管と呼ぶ冷陰極放電管(二つの金属電極をもち管内に減圧気体を含むガラス製の放電管)から得たX線を使用した。放電で生じた気体の陽イオンが陰極に衝突し,ここで発生した電子が加速され陽極に衝突してX線を発生するものである。…

【真空放電】より

…ガス圧を10Pa程度にすると,陽光柱と負グローは失われ,陰極暗部が放電管の大部分を占め,放電は暗くなる。陰極と対向する陽極付近のガラス面は,電子の衝突によって蛍光を発する(クルックス管)。低ガス圧グロー放電はガスレーザー,ネオン管などに利用されている。…

※「クルックス管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クルックス管の関連キーワードガイスラー管真空度真空放電水素放電管放電管グローランプ高真空超高真空中真空低真空

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone