クレオメネス3世(読み)クレオメネスさんせい(英語表記)Kleomenēs III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレオメネス3世
クレオメネスさんせい
Kleomenēs III

[生]前260頃
[没]前219頃
古代ギリシア,スパルタの王。在位前 235~222年。前 229年以後シキュオン人アラトス麾下のアカイア連盟と戦い,前 227年リュカイオンとラドケイアとで破った。帰国後アギス4世の社会改革を引継ぎ,債務切捨て,土地再分配,リュクルゴス制の回復などを行なった。前 226年にはマンチネアを奪回し,ヘカトンバイオンでアカイア連盟を破ったが,前 222年セラシアでアカイア連盟とマケドニアの連盟軍に敗れてエジプトのプトレマイオス3世エウエルゲテスのもとに亡命,その後継者プトレマイオス4世フィロパトルによって投獄された。前 219年に脱獄,アレクサンドリアで反乱を企てたが,失敗,自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android