コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレオメネス3世 クレオメネスさんせいKleomenēs III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレオメネス3世
クレオメネスさんせい
Kleomenēs III

[生]前260頃
[没]前219頃
古代ギリシア,スパルタの王。在位前 235~222年。前 229年以後シキュオン人アラトス麾下のアカイア連盟と戦い,前 227年リュカイオンとラドケイアとで破った。帰国後アギス4世の社会改革を引継ぎ,債務切捨て,土地再分配,リュクルゴス制の回復などを行なった。前 226年にはマンチネアを奪回し,ヘカトンバイオンでアカイア連盟を破ったが,前 222年セラシアでアカイア連盟とマケドニアの連盟軍に敗れてエジプトのプトレマイオス3世エウエルゲテスのもとに亡命,その後継者プトレマイオス4世フィロパトルによって投獄された。前 219年に脱獄,アレクサンドリアで反乱を企てたが,失敗,自殺した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クレオメネス3世の関連キーワードアラトス(政治家、将軍)アンティゴノス[3世]アンチゴノス3世フィロポイメンアギス(4世)メガロポリスナビス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android