クレオ(英語表記)Culleo, Quintus Terentius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレオ
Culleo, Quintus Terentius

前2世紀頃のローマの政治家。第2次ポエニ戦争中カルタゴに捕えられたが,前 201年スキピオ・アフリカヌス (大スキピオ) に救われた。そのことに感謝してスキピオの凱旋式には,みずから解放奴隷のかぶる帽子を着用して参加した。前 189/8年護民官 (トリブヌス・プレビス ) 。解放奴隷の子息のトリブスへ登録できるようにした登録法を確立した。前 187年法務官 (プラエトル ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

クレオ

正式社名「株式会社クレオ」。英文社名「CREO CO., LTD.」。情報・通信業。昭和49年(1974)「株式会社東海クリエイト」設立。平成元年(1989)現在の社名に変更。同23年(2011)持株会社化。本社は東京都港区港南。アマノ・ヤフー系。システム開発を主事業とするグループ企業の持株会社。システムの設計から保守まで一貫サービスを提供。毛筆ソフト「筆まめ」などソフトウェア開発も行う。JASDAQ上場。証券コード9698。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレオの関連情報