コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤフー やふー

知恵蔵の解説

ヤフー

Yahoo!」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヤフー(Yahoo!)

インターネットの代表的なポータルサイトの一。また、そのサービスを運営する米国の企業。ディレクトリー型サーチエンジンを中心に、ニュース配信、ネットオークションなどのサービスを提供する。日本法人が運営する日本語版のポータルサイトYahoo! JAPANでは、鉄道路線情報、辞書、動画配信など国内独自のサービスも行う。

ヤフー(Yahoo)

スウィフト長編小説ガリバー旅行記」に登場する、人間に似た姿の獣。醜悪で下劣な存在として描かれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヤフー

インターネット検索エンジン草分け的存在。Yahoo!とはYet Another Hierarchical Officious Oracle!の略。米スタンフォード大学大学院生2人が,自分用の検索ソフトとして開発したものが評判になり,1995年ジェリー・ヤンが会社を設立した。
→関連項目グーグル[会社]ソーシャル・ネットワーキング・サービス百度[会社]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ヤフー【Yahoo!】

アメリカの代表的なポータルサイト、および同サイトを運営する企業。1994年にスタンフォード大学の学生、ジェリー・ヤンとデビッド・ファイロが公開したリンク集から始まり、現在では世界各国でポータルサイト事業を展開している。検索エンジンのほか、ニュース配信、音楽や動画の配信、ブラウザーメールインターネットオークションなどのサービスを提供。⇒Yahoo! JAPAN

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ヤフー

正式社名「ヤフー株式会社」。英文社名「Yahoo Japan Corporation」。情報・通信業。平成8年(1996)設立。本社は東京都港区赤坂ソフトバンク子会社の検索サイト運営会社。業界最大手。広告事業が主力。ほかにネットオークション事業など。東京証券取引所第1部上場。証券コード4689。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤフー
Yahoo! Inc.

アメリカ合衆国のインターネット関連サービス会社。同名の検索ウェブサイト(→情報検索),フリーメールサービス,バーチャル・モール,ニュースサイトなどを運営する。1994年スタンフォード大学電気工学博士課程の学生ジェリー・ヤンとデビッド・ファイロがインターネット上にある膨大な数のホームページ(→ワールド・ワイド・ウェブ)を検索できるソフトウェアの開発に着手。1995年3月ヤフー・コーポレーション設立,サービス本格開始。日本では 1996年1月にソフトバンク(→ソフトバンクグループ)と共同で日本法人を設立,同年4月日本語での情報検索サービス Yahoo! JAPANを開始した。本社所在地カリフォルニア州サニーベール(→シリコンバレー)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤフー
やふー
Yahoo! Inc.

世界最大級のインターネット関連サービス会社。同社が提供するインターネット情報検索サービスなどのポータルサイトもヤフーと称する。本社はアメリカ、カリフォルニア州のサニーベール。1994年、アメリカ、スタンフォード大学電気工学科の博士課程で学んでいたデビッド・ファイロDavid Filo(1965― )とジェリー・ヤンJerry Yang(1968― )が大学のコンピュータネットワークを使って、興味あるインターネット・ウェブサイトのリストを、独自のウェブサイトで公開したのがその起源である。当時、インターネットが爆発的に拡大し、膨大な情報量を処理するために、利用者がインターネット上のさまざまな情報を効率よく探し、評価し、整理することができる独自のソフトウェアを開発するに至った。ちなみに、ヤフーYahoo!という名称は、デビッドとジェリーが自らをならず者(yahoo)だと思っていたので選んだという。
 1995年4月、アメリカ・ヤフー・コーポレーション(Yahoo! Corporation)を設立し、本格的にサービスを開始した。1990年代後半にヤフーはポータル・サイト事業への多角化を図り、Four11(ウェブメール・サービス会社)の買収、ClassicGames.comの買収、MCI WorldComとの提携、Yoyodyneの買収、GeoCitiesの買収などにより、メール、ゲーム、メッセンジャーなどのサービス提供を始めた。2000年から2007年にかけても次々と企業を買収し、売上げ・収益も急上昇していたが、2008年からは経済不況の影響を受けている。
 ヤフーの2011年度の売上げは49億8420万ドル、純利益は10億4883万ドル。
 日本でも1996年(平成8)にアメリカ・ヤフー・コーポレーションは日本のソフトバンク株式会社と共同でヤフー株式会社を日本に設立し、日本語ポータルサイトであるヤフー・ジャパンYahoo! JAPANがスタートした。ヤフー・コーポレーションの創業時よりその将来性に注目したソフトバンク社長、孫正義(そんまさよし)は創業わずか1年、従業員15人程度のこの会社に2億5000万ドル(当時の約100億円)、つまり31%を出資した。
 ヤフー・ジャパンはディレクトリサービスのほかにショッピングやオークションなどの「買う」、ニュースなどの「知る」、辞書、地図などの「調べる」、不動産情報などの「暮らす」、掲示板などの「集まる」という、総合的なサービスの提供と情報へのリンクを提供する日本最大級のポータルサイトとなっている。また、このようなコンテンツビジネスだけではなく、通信インフラストラクチャー事業に進出し、ヤフー・ビービーYahoo! BBというインターネット接続サービスを行っている。ソフトバンク・グループの中核企業でもある。ヤフー・ジャパンの2011年度の総売上高は3020億8800万円、純利益は1005億5900万円である。[中島由弘]
『フィル・カーペンター著、校条浩訳『eブランド』(2001・ダイヤモンド社) ▽アントニー・ブラミス、ボブ・スミス著、信達郎監修、小浦博訳『ヤフー』(2004・三修社) ▽中村浩之著『ヤフー・ジャパン公式ガイド2004』(2004・ソフトバンクパブリッシング)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤフーの言及

【ガリバー旅行記】より

…第2巻では彼を含めたヨーロッパ人の残忍な性質が巨人国ブロブディングナグの人によって風刺され,第3巻の旅では当時の学問が風刺の対象とされる。第4巻では馬の国の馬フィヌムの理性がガリバーによって賞賛され,人間の姿をしたヤフーの低俗さが示される。ヤフー=人間嫌いとなったガリバーの絶望はスウィフトの強烈な風刺精神の一端を示しているが,他方では作者スウィフトはガリバーを客観化し,喜劇化している。…

※「ヤフー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤフーの関連キーワード誘導尋問薄田宙哉ゼフィリヌス公判自殺関与罪逮捕反対尋問家電リサイクル法浅田真央Flip Video

ヤフーの関連情報