コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリブス トリブス tribus

4件 の用語解説(トリブスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリブス
トリブス
tribus

都市国家古代ローマの住民の行政,財政,軍事の構成単位。起源は不明確だが最初期のローマはラムネス,チチエス,ルケレスの血縁的な3トリブスから成り,それぞれパトリキ (貴族) とプレプス (平民) を含む 10クリアから成っていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリブス

〈部族〉と訳され,古代ローマの3段階の氏族制的社会組織の最大の単位。元来ローマは血縁的な3トリブスに分かれていたが,のちトリブスは地縁的な行政区画を意味するようになり,民会(平民会)を構成する1単位となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トリブス【tribus】

古代ローマの血縁的部族または地区を指す語。古くローマ市民はティティエス,ラムネス,ルケレスの3トリブス(部族)に属したが,王政期末,ローマ市域を4地区に分け,この母市トリブスに市民を登録した。以来,領域獲得に伴い現地住民も市民に加えて市外トリブスを設け,前241年,総数35に達した。35地区は市民登録,徴兵,課税のほか,平民会,トリブス民会の基礎でもあり,民会掌握をねらう有力諸家系は所属地区で勢力の扶植・温存に腐心し,前241年直後の民会改組を機に地区新設を停止した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリブス
とりぶす
tribusラテン語

古代ローマの国民の下部区分。王政時代には、国民はティティエス、ラムネス、ルケレスの三トリブスに分かれたが、このトリブスは元来は血縁的な種族集団であったと考えられる。これに対して、セルウィウス・トゥリウス王が始めたと伝えられる後のトリブスは、地域的原理による区分で、最古の区分は、ローマ市域の四トリブス、周辺農村部の貴族(パトリキ)氏族の名をもった16区分であったと推定されている。その後、イタリアにおいてローマ市民の植民市建設や原住民へのローマ市民権付与が進むと新しい領域に新トリブスが設置され、紀元前241年には総数35になった。しかし、この後、トリブスが新たに設置されることはなかった。ローマ市民はかならずいずれかのトリブス(区)民として登録され、参政権のほか、戸口調査、課税、徴兵など政治的権利義務はすべてトリブスを介して遂行された。たとえば、ローマの民会の一つ、トリブス民会での採決は一区が二票(老人組一票、壮年組一票)をもつ仕方で投票が行われ、ケントゥリア民会でも前241年以後同じ方法が導入された。しかし各トリブスの区民数は等しくなく、中心市の四トリブスはとくに貧民、解放奴隷を多く含む巨大トリブスであったから、ここへの所属替えはしばしば罰として行われた。前241年以後、新市民は既存の35トリブスのいずれかに登録されたから、新市民の新登録は政治的力関係に影響を与え、しばしば政争の焦点となった。[弓削 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトリブスの言及

【氏族制度】より

…けれども他方,フラトリアには,太古から全人民が,個人としてではなく,中間の下部組織を介して加入していたことが伝えられ,その下部組織としてあげうるもののうちで,ゲノス以外の祭祀的集団は比較的後期の所産であることも証明しうるし,事実手工業者など,貴族階級以外のゲノスの残存と推定しうるものも見られるので,もしフラトリアが全人民の加入したものであるとすれば,ゲノスもまた,おそらくはポリス以前から,すべてのギリシア人に本来的な,血縁的な単位集団ではなかったかという考証が,最近の歴史学者によっておこなわれている。
[ローマ]
 同様の推定は,古代ローマのトリブス,クリアcuria,ゲンスgensについてもいいうるところである。古伝によれば,ローマ人はもと三つのトリブスが集まって形成され,各トリブスは10のクリア,各クリアは10のゲンスに分かれていたという。…

【ローマ】より

…王の権力は独裁的でなく〈平等者中の第一人者〉的なものであったとみられる。人民は氏族を基礎としてティティエス,ラムネス,ルケレスの3部族(トリブス)に分かれ,各トリブスは10クリアcuriaから成っていた。1クリアは100人の歩兵,10人の騎兵を提供した。…

※「トリブス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トリブスの関連キーワードプリニウスローマの七丘ローマ風呂古代ローマ帝国ローマの泉ローマの祭古代ローマの航跡をたどれローマの祭り古代ローマ人の格言クリア(古代ローマ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone