コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーデ点眼(読み)クレーデてんがん(英語表記)Credé's method of antisepsis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーデ点眼
クレーデてんがん
Credé's method of antisepsis

新生児が淋菌などに感染するのを防ぐため,1~2%の硝酸銀溶液を点眼することで,1880年ドイツの外科医 B.クレーデ (1847~1929) が考案。分娩後 30分以内の点眼が法規で定められるようになった。このため膿漏眼や失明が減少した。現在では,硝酸銀溶液の代りに抗生物質が用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレーデてんがん【クレーデ点眼 Credé’s method of antisepsis】

分娩時に,出生した新生児の両眼に2%の硝酸銀液を点眼すること。この出生直後の新生児への点眼の目的は,女性の子宮頸管や腟に淋菌がいると,そこを通って生まれてくる新生児の眼に淋菌が感染し,ひどくなると淋菌による全眼球炎,すなわち淋菌性膿漏眼をおこし失明に至るので,これを防止するためである。以前は女性性器に淋菌をもっていることが多かったので,膿漏眼による新生児の失明も多かった。そこで1880年にドイツの産婦人科医クレーデKarl S.F.Credé(1819‐92)がこの方法を考案し,非常に有効であったことから,世界各国で行われるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレーデ点眼
くれーでてんがん

新生児淋菌性(りんきんせい)膿漏眼(のうろうがん)の予防のため、分娩(ぶんべん)後に1%の硝酸銀液1滴を点眼する方法をいう。1880年ドイツの産婦人科医クレーデが考案し、この疾患による失明患児数を激減させたため、全世界に普及した。抗生物質出現後は、抗生物質点眼薬・眼軟膏(なんこう)が用いられた。臨床的には母体の淋疾の有無を調べ、新生児眼症に対する慎重な観察を行えば、これを実施する必要はない。[新井正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクレーデ点眼の言及

【風眼】より

…母親が感染している新生児では,産道を通る際に感染し出生直後より強い症状を呈する。これを新生児膿漏眼というが,これを予防するために,出産直後に新生児の眼にクレーデ点眼を行う。大人では陰部からの直接感染による。…

※「クレーデ点眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android