コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーデ点眼 クレーデてんがん Credé's method of antisepsis

3件 の用語解説(クレーデ点眼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーデ点眼
クレーデてんがん
Credé's method of antisepsis

新生児が淋菌などに感染するのを防ぐため,1~2%の硝酸銀溶液を点眼することで,1880年ドイツの外科医 B.クレーデ (1847~1929) が考案。分娩後 30分以内の点眼が法規で定められるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クレーデてんがん【クレーデ点眼 Credé’s method of antisepsis】

分娩時に,出生した新生児の両眼に2%の硝酸銀液を点眼すること。この出生直後の新生児への点眼の目的は,女性の子宮頸管や腟に淋菌がいると,そこを通って生まれてくる新生児の眼に淋菌が感染し,ひどくなると淋菌による全眼球炎,すなわち淋菌性膿漏眼をおこし失明に至るので,これを防止するためである。以前は女性性器に淋菌をもっていることが多かったので,膿漏眼による新生児の失明も多かった。そこで1880年にドイツの産婦人科医クレーデKarl S.F.Credé(1819‐92)がこの方法を考案し,非常に有効であったことから,世界各国で行われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレーデ点眼
くれーでてんがん

新生児淋菌性(りんきんせい)膿漏眼(のうろうがん)の予防のため、分娩(ぶんべん)後に1%の硝酸銀液1滴を点眼する方法をいう。1880年ドイツの産婦人科医クレーデが考案し、この疾患による失明患児数を激減させたため、全世界に普及した。抗生物質出現後は、抗生物質点眼薬・眼軟膏(なんこう)が用いられた。臨床的には母体の淋疾の有無を調べ、新生児眼症に対する慎重な観察を行えば、これを実施する必要はない。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクレーデ点眼の言及

【風眼】より

…母親が感染している新生児では,産道を通る際に感染し出生直後より強い症状を呈する。これを新生児膿漏眼というが,これを予防するために,出産直後に新生児の眼にクレーデ点眼を行う。大人では陰部からの直接感染による。…

※「クレーデ点眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クレーデ点眼の関連キーワード出生体重新生児期周産期医学出生外傷助産成熟児新生児下痢新生児死亡率低体重新生児フィルデス法則

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone